BLOG 一覧 (カテゴリ:臨床症例)

今までの BLOG の一覧です。

2011年06月22日(水)
2011年06月05日(日)
2011年05月10日(火)
2011年03月04日(金)
2011年03月01日(火)
2011年02月06日(日)

本日は、腰痛&両下肢痛の症例を書きます。
年齢:70代
性別:女性
職業:無職
主訴:腰痛&両下肢痛。
動作検査:立ちあがり(+)入浴で楽(+)
同姿勢(+)座位(+)起床時(-)歩行(+)後屈(+)前屈(-)
回旋(+)天気(+)シビレ(+)真ん中が痛い(+)
その他:慢性的に腰痛があったが、
3ヶ月前から症状が悪化した。
整形外科にて神経ブロック注射をしたが改善なし。
その後、接骨院を紹介されて治療(2ヶ月以上)するが完治せず。
痛みの為に、趣味はやめたとのこと。
鍼は初めてだったが、家族に当院を紹介されて来院されました。
治療部位:多裂筋、起立筋、大殿筋、中殿筋、ハムスト、腓腹筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4~5回まで週2回の来院をお願いしました。
1回目:ペ10→5。かなり良くなって、驚いている。シビレがまだ残る。
2回目:ぺ10→3.5。歩行も改善。ハムストとふくらはぎが気になる。
3回目:ペ10→3。痛みは良い。殿部が気になる。ダルさがまだある。
4回目:ペ10→2。痛みは消失。殿部&足底のシビレが気になる。
日常生活は問題なくなった。
1週間に1度のペースに変更。
5回目:ペ10→0。下半身のダルさのみ気になる。
7回目:良好。疲れるとしんどくなる程度。
2週間に1度のペースに変更。
10回目:良好。日によるが、坐骨部が少し気になる。
13回目:2~3週間空いても良好の為、一旦終了。
治療期間:5回目までで、17日間です。
      
             
コメント
腰痛の治療で大切な筋肉は、
多裂筋だと私は思います。
腰の真ん中が痛い方は、
多裂筋が関係していますので、
そこをしっかり治療すれば、
必ず改善します。
心因性腰痛は、そんな簡単に、
改善しませんが、筋肉を徹底的に、
緩めればきっと改善します。
数か月~数年も腰痛で苦しんでいる方は、
是非、当院の治療をうけてみてください。
他院との違いが分かると思いますし、
きっとお役に立ちます。
では、また♪

本日は、肩コリ&腰痛&ふくらはぎのシビレの症例を書きます。
年齢:50代
性別:女性
職業:無職
主訴:肩コリ&腰痛&ふくらはぎのシビレ。
動作検査:ストレス(++)入浴で楽(+)同姿勢(+)
動きが悪い(+)歩行(-)重い(+)昼~夕方(+)
動作痛(-)
その他:二年前から症状があり、
整形外科でブロック注射、鎮痛薬を受けたが改善なし。
整体院でも治療したが、すぐ戻ってしまったとのこと。
MRI検査でヘルニアの診断をうけたが、
保存療法で様子見ると言われたとのこと。
いろいろと強いストレスがある。
わかさの雑誌をみて、TP療法を調べて当院へ来院されました。
治療部位:頭板状筋、僧帽筋、肩甲挙筋、多裂筋、起立筋、中殿筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4~5回まで週二回の来院をお願いしました。
1回目:少し軽くなったが、まだつらい。
2回目:ぺ10→8。首の可動域がアップした。
3回目:ペ10→7or8。痛みが移動した。背中がつらい。
4回目:ふくらはぎのシビレは消失。全体的に軽くなっている。
10回目:ペ10→4or5。痛みが半分以下になってきた。
だいぶ楽とのこと。殿部に痛みが移動した。
一週間に一度のペースに変更。
13回目:ペ10→3。良好だが、背中と殿部が気になる程度。
20回目:ペ10→2。ほぼ良好。日常生活で問題なし。
現在も、二週間に一度、予防の為来院中です。
治療期間:20回目までで、約3カ月半かかりました。
             
コメント
かなり慢性化しており、
筋肉の状態も悪かったです。
マッサージでは深部の筋肉が、
緩まないので整体院では、
すぐ戻ってしまったのだと思います。
TP鍼治療のメリットは、指では届かない
深部の筋肉にも、アプローチができます。
その為、長年患っていた慢性的な肩コリ、腰痛も、
改善する確率が高いです。
ただ、強いストレスを感じていると、
なかなか筋肉は緩みにくくなります。
今回の症例のように、
少々治療期間はかかりますが、
治療すれば必ず改善します。
もう慢性化しているから、
治らないと思って、あきらめている方は、
ラストチャンスだと思って、当院へご相談ください。
きっとお役に立ちます。
では、また♪

本日は、左肩関節の痛みと左第1~3指のシビレの症例を書きます。
年齢:60代
性別:女性
職業:無職
主訴:左肩関節の痛みと左第1~3指のシビレ。
動作検査:外転(+)自発痛(+)挙上(-)同姿勢(-)
内旋(+)外旋(+)結髪(+)結帯(+)伸展(+)
ボタンつける動作(+)朝(+)夜間痛(+)
その他:一週間前から左肩が痛いが、
思い当たる原因がない。指のシビレは二ヶ月前からでている。
慢性的な肩コリ症で、今まで整形外科、整骨院、マッサージ院などで、
ケアをしてきたとのこと。
チラシを見て、TP療法に興味がわき、当院へ来院されました。
治療部位:棘下筋、多裂筋、三角筋、肩甲挙筋、肩甲下筋、僧帽筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4~5回まで週二回の来院をお願いしました。
1回目:ペ10→7。肩の動作痛が楽になった。第2.3指も軽減した。
外旋、内旋、結髪がまだつらい。
2回目:ぺ10→4or5。第2.3指のシビレは消失。第1指はまだ残る。
外旋、内旋、結髪もかなり軽減。伸展動作もアップ。
3回目:ペ10→2。痛みもシビレも、あともう少し。
一週間に一度の治療に変更。
4回目:ペ10→1。良好。ほんのときどき気になるレベル。
5回目:良好な為、終了。
肩関節&シビレの治療が終了してから、
現在で約6ヶ月以上経ちますが、
まったく問題ないそうです。
治療期間:5回目までで、約3週間です。
             
コメント
年齢が気になったのですが、
単純に肩関節周りの筋肉が原因だったので、
スムーズに完治しました。
指のシビレも二ヶ月患っていたわりには、
結果が早くでてよかったです。
実は、指のシビレも首の筋肉が、
関係していることが多いです。
筋肉が原因でシビレがでている時の特徴
『入浴すると楽になる、ある動作で楽になるor悪化する、
日によって楽になるor悪化する、時間によって楽になるor悪化する、
薬を飲んでも効果がない、神経ブロックしても効果がない、
ヘルニアがあるが手術するほどでもないと言われた』
上記のような場合のシビレだとTP鍼治療が有効です。
心あたりがある方は、是非当院へご相談ください。
では、また♪

久しぶりに坐骨神経痛3の症例を。
年齢:30代
性別:女性
職業:無職
主訴:坐骨神経痛。
動作検査:立位(+)自発痛(+-)歩行(++)同姿勢(++)
座位(++)日常生活(+)階段(+)
その他:20年来の慢性腰痛をもっていた。
二ヶ月以上前から痛みが悪化、某病院二軒にて、
入院して保存治療、坐薬、鎮痛剤、けん引、ブロック注射にて、
治療するも完治せず、退院後ご自身で調べて当院へ来院。
ドクターには、L4.5のヘルニア、L5分離症、
L3.4椎間板の変性と診断された。
痛みの為、仕事も休職中。
治療部位:小殿筋、中殿筋、多裂筋、起立筋、腓腹筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4回までは、週二回の来院をお願いしました。
1回目:ペ10→3。劇的に変化した!起床時がつらい。
2回目:ぺ10→2or3。昼間はかなり良好。朝の痛みがまだ残る。
用事の為、3週間空いてしまった。
3回目:ペ10→3。3週間空いたが良好。
ほとんど、痛くない。日常生活も良好とのこと。
4回目:ペ10→1or2。寝起きのみ気になる程度。ほぼ完治。
地震があり、しばらく来られなかったが、
一ヶ月半後に来院。
5回目:痛みなし。五月に仕事も復帰した!
1週間に一度のメンテナンスに変更。
6回目:デスクワークの仕事の為、疲労がある程度。
7回目:首肩腰の疲れがあるのみ。
今後も一週間に一度は、
メンテナンスを継続していく予定です。
治療期間:4回目までで、28日間です。
             
コメント
今回の症例は、完全に筋筋膜性疼痛が原因でした。
その結果、痛みとシビレの症状は完治しました。
ここで考えて欲しいのは、
鍼治療してもヘルニアは引っ込みません、
分離している骨も戻りません。
まして、椎間板の変性も治りません。
でも、結果として完治しています。
私が鍼治療したのは、筋肉(TP)です。
何が、原因なのか患者さんひとりひとりが
考えて欲しいと思います。
患者さん曰く
「今までの20年間の苦しみはなんだったの?」
と憤っていました・・・。
そして、
「もっと早く先生に出会っていたら良かった」
とおっしゃっていただきました。
お役に立てて、本当によかったです。
毎回思う事は、
このような患者さんが本当に沢山いる。
何年も苦しんできたのに、
TP鍼治療すると思ったより早く改善する現実がある。
もちろん、TP鍼治療も完全ではないので、
よくならない方もいますが、
8割以上の方が改善する可能性がある。
本当にこの痛みの現実を変えたい!
そして、多くの方にこの事実を知っていただきたい!
今回もまた強く思いました。
ひとりでも多くの痛み、シビレに
苦しんでいる方達のお役にたてれば幸いです。
参考までに、この方の感想はこちら↓
http://www.yoshimura2009.com/nakayama2.html
では、また♪

本日は、改善があった線維筋痛症2の症例を書きます。
年齢:30代
性別:女性
職業:無職
主訴:頚肩、背部、腰の痛みとシビレ。
動作検査:座位(+)自発痛(+)常に痛い(+)同姿勢(+)
日常生活(+)ストレス(+)顎関節(+)
その他:2年半前ぐらいから腕が痛みだし、一年半前から症状が悪化。
口腔外科で顎関節の治療、左腕はレーザー治療をうけている。
整形外科でTP注射治療(入院1ヶ月)もした。
湯治も2週間行ってきた。
カウンセリングも月に2回を半年うけている。
薬はしばらく服用していないとのこと。
さまざまな治療をうけてきたが、一進一退だったとのこと。
痛みの為、仕事もやめざるおえなかった・・・。
鍼灸治療を受けるには、敷居が高かったが、
入院先で当院を紹介されて、思い切って来院されました。
治療部位:板状筋、肩甲挙筋、起立筋、多裂筋、斜角筋、僧帽筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:改善する為には、最低2~3ヶ月続けて治療を
うけてみてくださいとお伝えしました。
最初の1ヶ月は、週二回の来院指導を提案しました。
1回目:軽くなった感じがある。
5回目:ぺ10→8。治療すれば軽減する。
治療効果が実感できるとのこと。
11回目:ペ10→6。できる動作が増えてきた。
痛みがよく移動する。
約一ヶ月経過。
14回目:ペ10→4or5。左右差がでている。けっこう良い状態が保てる。
16回目:ペ10→4。鍼治療してから、
レーザー治療、顎関節治療の効果も上がってきた。
17回目:ペ10→3。長距離移動、PC作業、ゲームなどもできるようになった。
約二ヶ月経過。
前回治療から約二週間空いた。
18回目:ペ10→3。GWも良好だった。
アルバイトもできそうなので、これから探すとのこと。
今後も一週間に一度は治療を継続していく予定です。
治療期間:18回目までで、約三ヶ月です。
             
コメント
今回の線維筋痛症の症例は、
早い段階でいい結果がでていました。
線維筋痛症を改善するためには、
あらゆる手段の治療を組み合わせて、
効果があるか、ないかを身体で選別していくことが、
大切と思います。
既往歴が長くて、薬を長期服用している方は、
なかなか改善がみられるまで時間がかかります。
(※改善しないこともあります・・・涙)
ただ、週二回の治療を3ヶ月続けていけば、
きっと改善する可能性はあると思います。
現実は、金銭面で続きにくいと思いますので、
当院では線維筋痛症の方には回数券を発行しております。
少しでも、長く、安く、そして効果がある治療をうけていただきたいと、
考えておりますので、当院でできるギリギリの価格で、
回数券を提供させていただいております。
線維筋痛症でお困りの方は、当院に一度ご相談ください。
きっとお役にたてると思います。
では、また♪

今日は、左足背+足底のシビレと踵の痛みの症例を。
年齢:50代
性別:女性
職業:主婦
主訴:左足背+足底のシビレと踵の痛み
動作検査:自発痛(+)歩行(++)日常生活(++)
知覚過敏(++)夜間痛(+)座位(+)立位(+)自転車(+)
仰向け(+)入浴変化(-)血液検査(-)MRI(-)レントゲン(-)
睡眠不足(+)同姿勢(+)筋電図検査(-)
       
その他:8ヶ月前から症状が悪化。歩行5分でそれ以上歩けなくなってしまう。
私立病院の整形外科、神経内科を受診も原因わからず、
神経炎の疑いがあると医者には言われたとのこと。
薬も服用しているが改善なし。
歩けない為、日常生活にも障害がでている、かなりつらいとのことでした。
治療部位:小殿筋、中殿筋、腓腹筋、ヒラメ筋、長母指屈筋、前脛骨筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:既往歴が長いのと症状がかなり重いので、
数か月の治療期間がかかる旨を伝え、週2回の来院をお願いしました。
1回目:ペ10→10。痛みは変化なし。感覚が少し戻ってきたとのこと。
2回目:ペ10→7.8。改善あり!眠れるようになった。
3回目:ペ10→5。自転車が乗れるようになった。感覚が戻ってきた。夜間痛(-)
7回目:ペ10→3。知覚過敏消失。歩行も改善。日常生活(-)
12回目:ペ10→2。治療後2日間はまったく症状がでなくなった。
16回目:ペ10→1.8。シビレ、痛み共にほぼなし。
第一趾のみシビレが残る程度。かなり良いので一旦終了。
治療期間:2ヶ月で上記の状態になりました。
コメント
足のシビレ、痛みはなかなかやっかいな症状です。
既往歴が長いほど、沢山の筋肉を痛めているので、
すべての筋肉を治療しないと改善しません。
医師の診断通り、もし神経炎だったら、
鍼治療しても改善はなかったと思います。
期間はかかりましたが、普通に日常生活がおくれるまで、
回復いたしました。
患者さん曰く
「このまま歩けなくなってしまう不安が強かった。
病院に行っても原因がわからず、まったく症状が改善しなかった。
本当にTP鍼治療に感謝です。もっと早く治療を受ければよかった」
とおっしゃっていました。
このような患者さんが多数いることが、
本当に残念です。
治療の見方を少し変えるだけで、
手術もせず、薬も飲まずに、症状が改善します。
本当に心からひとりでも多くの方に、
TP療法を知っていただきたいです。
では、また♪

久しぶりに、めまいの症例を。
年齢:60代
性別:女性
職業:パート
主訴:めまいと吐き気
動作検査:回転性めまい(+)起床(+)日常生活(+)
前屈(+)後屈(+)回旋(+)仕事中(+)運転(+)
食欲低下(+)やる気低下(+)血圧:102/67
MRI(-)CT(-)
       
その他:2ヶ月前から症状がでて、内科、耳鼻科では特に異常なしとのこと。
医者には、良性発作性頭位めまい症と診断された。
めまいがひどいのでパートも休職中、車も運転できないとの事。
薬をずっと服用していたが改善されず、鍼でなんとかならないかと来院。
参考サイト 良性発作性頭位めまい症とは?
http://health.yahoo.co.jp/katei/detail/index.html?sc=ST230100&dn=2
治療部位:胸鎖乳突筋、頭板状筋、頭半棘筋、肩甲挙筋、僧帽筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4回ぐらいまで、間をつめて来院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→2or3。かなり良くなった。仕事復帰、食欲、運転改善。
頭を急に動かすと、まだめまいがでる。
2回目:ペ10→0.5。ほぼ完治。日常生活もできるようになった。
頭を動かしても良好!吐き気もなし。
3回目:ペ10→0。問題なし、薬も服用をやめたとのこと。肩が少々コル程度。
良好だが、念のため一週間後に再度来院をお願いしました。
4回目:一週間空いても良好なため、終了。
治療期間:14日間で完治。
コメント
2ヶ月もの間、薬を飲み続けていたのに、
改善がなくて困っていた時に、
当院を思い出して来院していただきました。
思い出していただき本当に感謝です。
めまいも検査で異常がない場合はほとんど、
筋肉(TP)が原因です。
頚と肩の筋肉がすごく張っている方であれば、
ほぼ間違いないです。
長年のめまいで、もうあきらめている方、
是非、一度TP鍼療法をうけてみてください。
きっとお役に立てると思います。
では、また♪














今日は、腰痛の症例を。
年齢:70代
性別:男性
職業:無職
主訴:腰痛(左>右)
動作検査:歩行(-)起床(++)立ち上がり(+)
寝返り(-)後屈(+)前屈(+-)自転車(-)シビレ(-)
階段(+-)睡眠(+)
       
その他:2~3ヶ月前から腰が痛かったのだが、2日前に悪化した。
ゲートボールで中腰姿勢が多いのが原因かな。
朝が一番痛くて、数時間たつと楽になるのが不思議とのこと。
治療部位:多裂筋、腸肋筋、大殿筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4回ぐらいまで、間をつめて来院してくださいと伝えました。
1回目:かなり良くなった。朝がちょっと違和感がある程度。
2回目:まったく痛みなし。
一週間空けてみることに。
3回目:痛みも違和感もなし。良好なため終了。
治療期間:11日間で完治。
コメント
年齢が高かったのですが、
症状がそんなにきつくない為、
早く治りました。
この患者さんは、小学生の頃にお世話になった、
駄菓子屋さんのおじさんでした。
患者さんは気づかなかったですが、
私はよく覚えていました。
治療しながら小学生の頃を、
懐かしく思い出しました。
こんな形で、またお世話になった人と、
繋がるなんて、改めて素敵な仕事だと思いました。
沢山の方達のお役に立つ為に、
もっと頑張ります!!
では、また♪














今日は、腰殿部痛の症例を。
年齢:70代
性別:男性
職業:経営者
主訴:腰殿部痛(右>左)
動作検査:歩行(+)起床(+-)立ち上がり(+)
前屈(+)後屈(+-)回旋(-)側屈(+)シビレ(+-)
       
その他:来院二日前にギックリ腰みたいな感じになり、
それから痛みが治まらないため来院。
変な姿勢をしたのが原因かなとのこと。
治療部位:多裂筋、大殿筋、中殿筋、起立筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4回ぐらいまで、間をつめて来院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→4。だいぶ良くなった。トイレの動作が楽になった。
痛みが移動した。
2回目:ペ10→5。ちょっとした姿勢でまた痛めてしまった。
ふとももの前も痛い。
3回目:ペ10→2。かなり良くなった。
4回目:良好なため、終了。
治療期間:7日間で完治。
コメント
年齢が少々気になったのですが、
スムーズに改善したのでよかったです。
正直、65歳を越えるとなかなか治りづらいと、
日々の臨床で感じます。
急性痛はそうでもないのですが、
慢性痛はかなり厄介です。
年配の方は、若い方に比べると、
少々時間がかかるかもしれませんが、
必ず結果はついてきます。
あきらめずに、通える範囲でいいので、
治療していきましょうね!
では、また♪














今日は、右腕の痛みとシビレの症例を。
年齢:40代
性別:男性
職業:土木作業
主訴:右腕の痛みとシビレ
動作検査:運転中(+)荷物をもつ(+)第1~5指のシビレ(+)
力が入らない(+)仕事中(+)顔洗う動作(+)握力低下(+)
屈曲(+)伸展(-)回外(+-)回内(+-)けいれん(+)
       
その他:3ヶ月前から、症状がでている。
仕事がら重いものをもって作業することが多い。
病院で検査はしていないが、
他院のトリガーポイント鍼をうけたことがあるとのこと。
治療部位:棘下筋、多裂筋、上腕二頭筋、前腕伸筋群、肘筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:仕事で日曜日しか来院できないので、
1週間に一度のペースで治療しました。
1回目:シビレがなくなった。肘の奥が痛い。頚部もつらくなった。
2回目:ペ10→3。シビレは良好。肘の痛みもいい感じ。腰もつらい。
3回目:ペ10→3。シビレは良いが、仕事をすると肘の痛みがでる。
4回目:ペ10→3。仕事をすると肘が痛む。頚肩+腰は良好。
5回目:ペ10→2.8。腕の力が入りにくい。肘の痛みがしぼられている。
6回目:ペ10→1。かなり良くなった。力仕事をひかえたら良好。
良好なため一旦、終了。
治療期間:6回目までで一ヶ月と14日で完治。
コメント
完全にオーバーユースの痛みでしたので、
仕事と治療のバランスが取れれば、
もっと早く改善していたと思います。
「一回の治療でシビレが改善するなんてすごい!」
「トリガーポイント鍼療法も施術者で違いがあるとわかりました」
と患者さんがおっしゃっていました。
トリガーポイント療法も細かく言うと、
考え方に違いがあります。
当院は、認知覚(自分の悪いところはそこそこ!という感覚)を、
最重要視しています。
なぜなら認知覚がでないと、頑固な症状は改善しにくいからです。
今回の患者さんは、当院でこの認知覚がでたので、
違いがわかったそうです。
この感覚はうけていただければ100%分かります。
なかなかこの認知覚を出すのは、レベルが高い技術ですが、
トリガーポイント療法をうたっている治療院は、
認知覚をだす努力をして欲しいですね。
肉体労働の方は、筋肉にかなり負担をかけていますので、
定期的なメンテナンスをおススメします。
では、また♪

 
 
 
アクセス方法
車:駐車場4台完備(一番おすすめです)
バス:新越谷駅、越谷駅、吉川駅より約20分、大相模保育所バス停から徒歩1分
電車:最寄り駅 越谷駅または越谷レイクタウン駅(徒歩30分以上)
自転車、バイク:止めるところあり
google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525