BLOG 一覧 (カテゴリ:臨床症例)

今までの BLOG の一覧です。

2012年02月23日(木)
2012年01月21日(土)
2012年01月06日(金)
2011年12月20日(火)
2011年12月17日(土)
2011年12月06日(火)

今日は、ぎっくり腰4の症例を。
年齢:30代
性別:男性
職業:とび職人
主訴:ぎっくり腰(L>R)
動作検査:立ちあがり(++)座るとき(++)
歩行(+)朝(+)靴下履くとき(+)前屈(+)
入浴変化(-)後屈(-)運転(-)仕事中(+)
その他:2日前、仕事で重量物を移動させた後から、
腰に痛みがでた。それから、徐々に痛みが悪化してきた。
病院には行っていないし、治療をするのも初めてとのこと。
HPをみて、当院に来院されました。
     
治療部位:多裂筋、大殿筋、中殿筋、起立筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:6日後に大きな仕事が入っているため、
それまでになんとかしてほしいとのことでしたので、
1~2日置きに来院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→3、4。一回でかなり楽になった。前屈(+)痛みが殿部に移動した。
2回目:ペ10→2、3。かなり良好。仕事はまだ気を使うができている。
殿部(-)今度は背中に痛みが移動した。朝がまだ少し残る。
3回目:良好。仕事に復帰できる感じがするとのことで一旦終了。
治療期間:3回目までで、4日間です。
             
コメント
仕事の疲労と寒さからきたタイプのぎっくり腰でした。
男性は30歳過ぎると自律神経のバランスが崩れるので、
特に肉体労働の方は、疲労が抜けなかったり、
身体が痛くなったりと、調子が悪くなりやすいです。
肉体労働の私の友人達も、30歳過ぎてから、
当院へ治療に来ることが多くなりました(笑)
ただ、そういう方達は、比較的筋肉の質が良いので、
治療すると回復も早いです。
肉体労働の方は、定期的なメンテナンスをおすすめします。
ぎっくり腰でお困りの方の参考になれば幸いです。
では、また♪

今日は、左殿部~左太もも裏の痛みの症例を。
年齢:50代
性別:女性
職業:インストラクター
主訴:左殿部~左太もも裏の痛み
動作検査:体重かける(++)ストレッチ(++)
歩行(+)朝(++)つっぱる(+)ひっぱられる(+)
入浴変化(-)階段(-)車の運転中(-)仕事中(+)
その他:仕事がダンスやピラティスのインストラクターな為、
常に身体を酷使している。
年末年始ぐらいから、症状がでてきて、
一週間前から痛みが悪化してきた。
知人のご紹介で当院に来院されました。
     
治療部位:大殿筋、中殿筋、ハムスト、起立筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4回までは間をつめて来院してみてくださいと伝えました。
1回目:ペ10→5、6。治療翌日はかなり楽だった。ストレッチ(+-)体重かける(+)
2回目:ペ10→4。体重かける(-)つっぱる(+)違和感(+)レッスン後(+)
3回目:ペ10→2or3。かなり良い感じ。レッスン後が残る。歩行(-)朝(-)
階段(+-)ハムスト(+-)
4回目:ペ10→2or3。レッスン後が疲れる。ストレッチ(+-)
治療間隔を一週間空けてみる。
5回目:ペ10→1or2。かなり良好!殿部、ハムストは良好。肩コリがつらい。
6回目:ペ10→2。仕事後は疲れるが良好。肩コリもだいぶ良い感じ。
7回目:比較的良好なため、予防治療に切り替え。
※今後も予防のため、1~2週間に一度のペースで来院予定です。
治療期間:5回目までで、18日間です。
             
コメント
オーバーユースからくる、痛みの症例でした。
仕事がら、筋肉に負担がかかるので、
日頃のケアが大切になります。
なかなかセルフケアでは限界があるので、
プロによる定期的なメンテナンスが必要です。
今後も当院を上手にご利用いただければと思います。
痛みでお困りの方の参考になれば幸いです。
では、また♪

Du kan hitta den traditionella varianten av Keno pa flertalet casinon online.

今日は、掌のシビレ(手根管症候群)の症例を。
年齢:50代
性別:女性
職業:主婦
主訴:掌のシビレ(R>L)
動作検査:第一指~第五指先のシビレ(+)掌全体のシビレ(+)
起床時(+)ジンジンする(+)朝>昼(+)肩コリ(+)
入浴中(+)ティネル検査(-)頚部を前屈すると楽(+)
朝のこわばり(+)
その他:1年以上前から掌のシビレがあった。
整形外科で手根管症候群と診断を受けた。
リウマチ検査は異常なし。
ビタミン12の薬を3か月飲んだが効果がなかった。
治療は上記の薬のみで、他の治療はしたときがない。
頚肩も慢性的に凝りがあるが、
ずっと我慢してきたとのこと。
友人のご紹介で当院に来院されました。
     
治療部位:多裂筋、頭半棘筋、肩甲挙筋、僧帽筋、前腕屈筋群など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4回までは間をつめて来院してみてくださいと伝えました。
1回目:ペ10→4。シビレがかなり改善した!背中と肘が気になるようになった。
2回目:ペ10→2。治療翌日の朝は良かった。シビレよりもこわばりが気になる。
だいぶ日常生活が楽になったとのこと。背中は良好。
3回目:ペ10→0~1。シビレはほとんどない。右のみこわばりが少し残る。
肘の違和感がまだ残る。左側は良好。
4回目:シビレはほぼ消失。こわばりのみ残るが良好な為、一旦終了。
※次回は予防のため、1~2週間以内に来院予定です。
治療期間:4回目までで、12日間です。
             
コメント
一年以上、シビレで困っていたのに、
短期間でシビレが改善された症例でした。
結果からみれば、今回の例は手根管症候群では、
なかったと思います。
頚部の筋肉が原因で、
掌にシビレがでていたのだと思います。
手根管症候群
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/carpal_tunnel_syndrome.html
ドクターの診断があっても、
このように改善する例は多々あります。
特に、ある動作で楽になる、ある動作で悪化する、
入浴後に楽になる、などの症状の変化があれば、
TP鍼治療で改善する可能性が高いです。
逆に、常にシビレがでていて、
動作でシビレの変化がまったくない、
数十年もシビレを患っている場合は、
TP鍼療法では効果がでにくいか、
長期間の治療が必要になります。
あきらめる前に、ぜひともTP鍼治療を受けていただきたいです。
手根管症候群でお困りの方のご参考になれば幸いです。
では、また♪

今日は、めまいの症例を。
年齢:60代
性別:女性
職業:パート
主訴:めまい
動作検査:目が回る(++)寝るとき(++)起床時(++)
横になる(++)仰向け(+)仕事中(+-)座位(-)
違和感(+)不安(++)吐き気(+)重だるさ(+)朝と夜(+)
その他:10年以上前からめまいで悩んできた。
病院で検査しても異常なし。
以前はめまいの薬を飲んでいたが効果がないので、
現在は飲んでいない。
起床時と横になるとぐるぐる目が回り、
めまいがでると数分~数時間動けなくなる。
そのため、寝るのが怖いとのこと。
頚肩も慢性的に凝りがあり、
マッサージ、整体、整骨院、鍼灸と、
さまざまな治療を受けてきたが、
一時的には良くなるがすぐ戻ってしまったとのこと。
友人のご紹介で当院に来院されました。
     
治療部位:胸鎖乳突筋、頭板状筋、頭半棘筋、肩甲挙筋、僧帽筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:遠くから(富士見市)来院された為、
こられる範囲で通院してみてくださいと伝えました。
1回目:変化あり。治療後2日間は良好だった。ぐるぐる回る時間が短くなった。
2回目:ペ10→3。かなり改善あり!めまいの時間が一分ぐらいになった!
こんなに効果があるのは初めてとのこと。向きを変える時(+-)
3回目:ペ10→2.5。めまいがでない時が増えた。起きている時は良好。
忙しくて、2週間以上空いてしまった。
4回目:ペ10→5。少々つらい。以前ほどではないが、めまいが戻ってしまった。
5回目;治療するとかなり良くなる。
かなり楽になったので、安心して眠れるようになったとのこと。
遠いので一旦終了。
※来院されたご友人にその後の様子を聞きました。
比較的、良好でバリバリ仕事しているとのことでした。
治療期間:5回目までで、25日間です。
             
コメント
長年患っているめまいも、
頚部の筋肉を緩めると改善する方は多いです。
患者さん曰く
「ひさしぶりに上手な先生に出会えた。
二時間かけても通院する価値があるわ。
もっと早く先生のところに来てたら、
長いこと苦しまなくてすんだのにね・・・。」
とおっしゃっていただきました。
一般的にはメニエール症候群になると思いますが、
以前ブログに書いた、頚性神経筋症候群だと私は思います。
メニエール病
http://www.menieru.com/what/about.html
頚性神経筋症候群
http://tokyo-neurological-center.com/cnms
病院で検査したけど異常がない方で、
めまいや痛み、シビレでお困りの方は、
ぜひ当院にご相談ください。
めまいでお困りの方のご参考になれば幸いです。
では、また♪ 

 

今日は、ぎっくり腰3の症例を。
年齢:30代
性別:男性
職業:会社員
主訴:ぎっくり腰(R>L)
動作検査:歩行(++)同姿勢(++) 前屈(++)
後屈(++)寝返り(+)起床時(+)入浴変化(-)
その他:来院前日に床の物を拾おうとしたら、
ピキッと腰に痛みが走り、そこから激痛に変わった。
昨日は、コルセットしてなんとかしのいでいた。
仕事が忙しく、慢性的に腰痛ももっていた。
以前、整体院に通っていたが、治療後に悪化した経験があり、
それ以来怖くて治療はしていなかったとのこと。
奥様のご紹介で当院に来院されました。
     
治療部位:多裂筋、大殿筋、中殿筋、腸肋筋、最長筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:仕事が忙しく休めないとのことで、
来院できる範囲で治療を受けてくださいと伝えました。
1回目:ペインスケール10→8。歩行(+-)同姿勢(+)仕事中(+)
2回目:ペ10→5。かなり良くなってきた。歩行(-)前屈(+-)鈍痛(+-)
年末年始が入り、仕事が忙しいため、
18日後に来院されました。
3回目:ペ10→3。仕事が忙しいがだいぶ楽になってきた。前屈(-)
4回目:良好。コルセットもいらなくなってきた。仕事が忙しい為、一旦終了。
※予防の為、2週間以内にまた連絡するとのことです。
治療期間:4回目までで、24日間です。
             
コメント
昨年12月にぎっくり腰になった患者さんの症例でした。
仕事が忙しくて身体のケアができない人は、
寒い季節や季節の変わり目は要注意です。
筋肉のセルフケアは、温める、有酸素運動する、ストレッチすることが、
大切ですので、覚えておいてください。
痛みやシビレがある時の筋トレは、
症状が悪化しますので、やめましょう。
明日も寒いみたいですので、
ご自愛ください。
では、また♪ 

slotsetic

今日は、ぎっくり腰2の症例を。
年齢:60代
性別:女性
職業:無職
主訴:ぎっくり腰(R>L)
動作検査:歩行(++)同姿勢(++)くつ下(++)ズボン履く(++)
 前屈(++)後屈(++)座位(+-)朝(++)立ちあがり(-)
その他:4~5日前につけもの石を何回も持ち上げてから、
腰が痛くなった。前日に30分ウォーキングしたら悪化して、
朝起きたら激痛に変わって、歩くのもままならなくなった・・・。
習い事の先生の紹介で当院に来院されました。
     
治療部位:多裂筋、大殿筋、中殿筋、腸肋筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:年内になんとかしたいとの希望でしたので、
1~2日おきに来院をお願いしました。
1回目:ペインスケール10→7。動けるようになった!
歩行(+-)くつ下(+-)ズボン(+-)
2回目:ペ10→3。かなり良い!歩行(-)起床時(-)違和感がまだ残る。
3回目:良好。痛みなし、違和感もなし。日常生活も良好。
こんなに早く回復して嬉しいとのこと。
良好で年末年始が入った為、
治療間隔を9日間あけてみることに。
4回目:無事に年末年始を過ごせたとのこと。良好なため、一旦終了。
治療期間:3回目までで、5日間です。
             
コメント
昨年の12月はぎっくり腰の患者さんが多かったです。
急に寒くなったり、年末で忙しかったり、
筋肉に負担がかかりすぎていたことが原因だったと思います。
ぎっくり腰は、早期に治療すればかなり早く回復しますので、
安静にするより、TP鍼治療をおすすめします!
まだまだ寒いですので、お風呂などで身体を温めて、
筋肉の緊張をほぐして、寝違いやぎっくり腰を予防しましょう。
お風呂に入っても筋肉の緊張がとれない方は、
症状が悪化する前にTP鍼治療をうけてケアしましょう。
では、また♪ 

本日は、左背中~左腰の痛みの症例を書きます。
年齢:30代
性別:男性
職業:救命救急士
主訴:左背中~左腰の痛み
動作検査:立位(+)疲れ(+)座位(+-)
仕事中(+)歩行(-)回旋(+)後屈(-)
前屈(+-)つっぱる(+)夜間痛(-)
入浴後楽(+)
その他:2年前から仕事や子供の抱っこが
原因で背中と腰が痛かった。
整形外科、マッサージ、整体院で、治療してきたが、
1~2日で元に戻ってしまっていたとのこと。
整形外科では、ヘルニアと診断されているが、
手術はしていない。
ここまできたら、鍼治療しかないと思い、
当院のチラシをみて、来院されました。
治療部位:起立筋、多裂筋、腰方形筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:最初の3~4回ぐらいは間をつめて、
来院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→6or7。少し軽くなった。痛む場所が移動した。
2回目:ペ10→4or5。かなり良い感じになってきた。
仕事中(-)長時間の立位がまだ残る。日常生活はかなり楽。
3回目:ペ10→2。良好。長時間の立位が少しだけ残るレベル。
痛みはなく違和感のみ。かなり良い!
4回目:こんなに良くなったのは初めてとのこと。良好な為、一旦終了。
※今後は一ヶ月に1、2度のペースで、
予防しにくるとのことです。
治療期間:4回目で、14日間です。
      
             
コメント
仕事の疲労、子供の抱っこなどで、
筋肉を使いすぎて、痛みがでていた症例です。
深層の筋肉に原因がある場合は、
整骨院や整体やマッサージでは、
症状が改善しないことが多々あります。
鍼治療は、深層筋にもアプローチできるので、
長い期間、症状を患っている方にはおススメです。
TP理論と技術を用いて、治療すれば、
短期間で改善する方が多い事に、
本当に憤りを感じます。
この現実をなんとか変えたい!と真剣に思います。
まずは目の前の事を全力でやりきり、
次のレベルにいきたいです。
なかなか時間がかかりますが、
あきらめずに必ず目標を達成したいと思います。
皆様のお役にたてれば幸いです。
では、また♪

本日は、右膝外側痛+腰痛の症例を書きます。
年齢:40代
性別:男性
職業:GS所長
主訴:右膝外側痛+腰痛
動作検査:仰向け(+)歩行(+)階段(+-)
仕事中(+)あぐら(+)屈曲(+)伸展(+)
鋭痛(+)左足底の魚の目(+)正座(+)
夜間痛(+)
その他:10年前からずっと右膝外側が痛く、
痛くなるたびに、整形外科、鍼灸院、整骨院、マッサージ院で、
治療をうけてきた。治療すれば楽になるが、
スッキリ良くはならなかったとのこと。
今回は1週間前に歩き過ぎた為に、症状が悪化した。
整形外科では関節炎と診断された。
シップと痛み止めを飲んだが効果がないため、
当院をご紹介されて来院されました。
治療部位:起立筋、多裂筋、ハムスト、大腿四頭筋、腸脛靭帯、腓腹筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:膝は少々治療期間がかかる旨を伝え、
最初の3~4回ぐらいは間をつめて、来院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→4。けっこう良くなって驚いている。痛む場所が移動した。
膝窩(+)正座(+-)腸脛靭帯(+-)
2回目:ペ10→3。かなり楽になった!夜間痛(+-)
まだ、不安が残る。
3回目:ペ10→1。良好!夜間痛(-)不安(-)仕事中も痛くない。
4回目:良好。右膝の張り感が残るレベル。
一週間空けてみることに。
5回目:良好。こんな短期間で良くなったのは初めてとのこと。
6回目:肩コリもあるのでそちらの治療に変更。
7回目:全身のメンテナンスに変更。
その後、1~2週間に一度のペースで予防治療を継続しました。
12回目:膝の痛みが戻ってこないことに驚いている。
16回目:魚の目もいい感じで、痛みがなくなった。
20回目:肩、腰も良好。仕事の疲れがあるのみ。
26回目:2週間空けても良好なため、終了。
治療期間:5回目で、3週間です。
      
             
コメント
膝の痛みは、なかなかやっかいなことが多いです。
ですが、靭帯や腱を治療することにより、
かなり改善する例も多いです。
患者さん曰く、
「他の治療院では、靭帯や腱などを、
治療されたことがなかった。
だいたい膝の痛みは、魚の目が原因と言われてきたから、
魚の目が治らない限り、膝は良くならないとさんざん言われた。
魚の目の治療もしてくれたのは先生が初めてだったよ。
もっと早く来ればよかったな~。
うちの社長も先生を信頼しているから、
痛みで困っている方がいたら、どんどん紹介するからね!」と
おっしゃっていただけました。
お役に立てて、大変光栄です。
筋肉の治療も大事ですが、
靭帯や腱にも、トリガーポイントはできます。
正直、靭帯や腱の治療は、指ではできません。
そこが痛みの原因の場合は、
TP鍼治療しか選択肢はありませんので、
長い間、痛みで苦しんでいる方や、
どこに行っても改善しない方は、
是非、当院にご相談ください。
では、また♪

本日は、腰痛+右殿部痛+両下肢の張りの症例を書きます。
年齢:40代
性別:男性
職業:MR
主訴:腰痛+右殿部痛+両下肢の張り
動作検査:鈍痛(+)歩行(+-)階段(+-)
仕事中(+-)日常生活(-)入浴楽(+)
その他:マラソンを1年半前から始め、
2週間前にハーフマラソンを無理して、
走ったら痛めたとのこと。
病院では検査はしていない。
疲れたときにマッサージに通っていたが、
今回はマッサージではダメだと思い、HPをみて当院に来院。
治療部位:中殿筋、ハムスト、腓腹筋、起立筋、多裂筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:最初の3~4回ぐらい間をつめて、
来院してくださいと伝えました。
1回目:治療後はけっこう楽になった!大会にでてみるとのこと。
2回目:マラソン大会にでたら、悪化した。
30㌔を超えたら走れなくなった。
階段(++)左下腿の痙攣(++)左下腿のツリ(++)歩行(+)
3回目:ペ10→2。かなり良くなった!
痛み(-)ツリ(-)たまに痙攣が残るレベル。
しばらく大会もなく、良好な為、一旦終了。
治療期間:3回目で、10日間です。
      
             
コメント
マラソンの疲労、季節の変わり目、
仕事の疲れ、寒さなどが、
重なり症状が悪化したと思われる症例でした。
筋肉の質が良かったので、
早く結果がでると予想していましたが、
予想通りいい結果がでました。
ただ大会の結果は残念でしたが、
もう少し早く当院に来ていただいていれば、
30キロを超えても、
走れていたと思われます。
鍼治療の効き目を感じていただけたので、
今後もメンテナンスに来るとおっしゃっていました。
マラソンをしている方が増えているので、
セルフケアだけではなくTP鍼治療も、
一つご検討していただければ、幸いです。
治療をした翌日に走るとかなり違いがでますよ。
では、また♪

本日は、顎関節症の症例を書きます。
年齢:50代
性別:女性
職業:無職
主訴:顎関節症(右側)
動作検査:開口(++)開口時指1.5本(++)噛む(+)
食事中(+)閉口(-)C2のズレ(+)
あごの歪み(+)頭痛(-)頚部筋緊張(+)
その他:数日前から急に顎が痛くなった。
噛む動作と口を開くのが痛くて困っているとのこと。
口腔外科で診察したが、顎のストレッチをやれば治ると
言われたが、よくならないので来院。
治療部位:外側翼突筋、内側翼突筋、後頭下筋群、僧帽筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法+整体療法
治療結果:最初の4回までは間をつめて、
来院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→5。けっこう楽になった。でも、また痛い。
2回目:ペ10→4。口の開きが大きくなった。指二本入るようになった。
3回目:ペ10→3。食事中(-)開口(-)ちょっとだけ残る。
4回目:良好。噛む(-)
次回は、予防の為、二週間後に来院予定です。
治療期間:4回目で、14日間です。
      
             
コメント
顎関節症は、原因因子が複数ある事が、
多い疾患です。
今回は、鍼治療と整体治療も、
加えて治療しました。
痛みがでて間もない時は、
鍼治療と整体治療で完治することが多いです。
顎関節自体の問題、歯並びの問題、
他の疾患からの合併症で、
顎関節症がでている場合は、
治療期間が長くなるか不適応なことがありますが、
顎関節症も改善する疾患です。
顎関節症でお困りの方の参考になれば幸いです。
では、また♪

 
 
 
アクセス方法
車:駐車場4台完備(一番おすすめです)
バス:新越谷駅、越谷駅、吉川駅より約20分、大相模保育所バス停から徒歩1分
電車:最寄り駅 越谷駅または越谷レイクタウン駅(徒歩30分以上)
自転車、バイク:止めるところあり
google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525