BLOG 一覧 (カテゴリ:臨床症例)

今までの BLOG の一覧です。

2011年12月01日(木)
2011年11月19日(土)
2011年11月14日(月)
2011年11月10日(木)
2011年11月05日(土)
2011年10月27日(木)
2011年10月23日(日)
2011年10月07日(金)
2011年09月10日(土)

本日は、腰痛5の症例を書きます。
年齢:30代
性別:女性
職業:物書き
主訴:腰痛(右>左)
動作検査:起床時(-)歩行(+)入浴楽(+)靴下はく動作(-)
仕事中(+)座位(+)後屈(+)回旋(+)前屈(-)
股関節の可動制限(+)自転車にまたがる(+)
階段(+)車に乗る動作(+)くつをはく動作(+)
その他:2~3週間前から痛みがでてきた。
1か月前からボールストレッチを始めたのが原因とのこと。
整体院で治療したがまったく改善がなかったので、
ネットで鍼治療を探して、当院へ来院。
鍼治療は初めてとのこと。
治療部位:多裂筋、起立筋、腰方形筋、中殿筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:最初の4回までは間をつめて、
来院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→0(右)12(左)。右がまったく痛くなくなった。が、左側がかなり痛い。
2回目:ペ10→4(全体)。かなり改善した!深部が残る感じがする。
動き始め(+)鈍痛(+)股関節は良好。
3回目:ペ10→2。左側が少し残る。歩行(+-)立位(+-)
旅行へ行く為、5日間空いた。
4回目:ペ10→1。無事、旅行に行けた。痛みはなくなって違和感のみ。
5回目:良好。買い物したら少々つらかったが、日常生活は良好。
治療間隔を9日間あけてみることに。
6回目:良好。違和感のみ。
欲を言えばもう少し違和感を良くしたいとのこと。
※次回から予防治療(2週間に一度)に切り替えて継続する予定です。
この方の感想は↓
http://www.yoshimura2009.com/endousan2.html
治療期間:5回目で、14日間です。
      
             
コメント
オーバーユースからくる腰痛の典型的でした。
ためしてガッテンやあさイチで、
腰痛の85%は、原因不明とでていましたが、
その85%の大半は、筋肉だと私は思います。
ストレスは、痛みがあれば誰でもあるので、
85%の原因をストレスにするには、
無理があると思います。
私の経験的には、10~20%ぐらいは、
ストレス性の慢性痛の方がいますが、
ほとんどの方は筋肉が原因だと思います。
あさイチ
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2011/11/30/01.html
ためしてガッテン
http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20111116.html
慢性痛でお困りの方は、
当院へ是非、ご相談ください。
トリガーポイント鍼療法をもちいて、
きっとあなたのお役に立ちます!
皆様のご参考になれば幸いです。
では、また♪

本日は、膝痛2の症例を書きます。
年齢40代
性別:女性
職業:無職
主訴:左膝痛(前面)
動作検査:腫れ(++)その他炎症所見(-)
自発痛(-)階段降(+)昇(+-)屈曲(++)
つっぱる(+)正座(+)起床時(+)伸展(+)
その他:約2カ月前にテニスのやり過ぎで膝を痛めた。
近所の整形外科を受診して、レントゲン検査異常なし、
ヒアルロン酸注射、膝の水を抜く注射、
電気などで治療してきたが改善しなかった。
当院にはHPをみて、来院されました。
治療部位:起立筋群、大腿四頭筋、ガ足、膝蓋靱帯、ハムストなど
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:膝は少々時間がかかる事が多いので、
5~6回までは週二回で来院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→5。けっこう楽になった。腰に移動した。
2回目:ペ10→2.5。痛みはかなり軽減。階段降(+-)日常生活(-)
3回目:ぺ10→1。ふとした動作のみ気になる。屈曲(+-)起床時(-)
4回目:良好!休んでいたテニスもできた!腫れ(-)
次回は10日後に予防治療で来院予定です。
治療期間:4回目までで、11日間です。
      
            
コメント
オーバーユースからくる、
膝痛(前面)の症例でした。
なかなか膝痛はやっかいなことが多いですが、
今回の膝痛のケースは、
スムーズに結果がでてくれました。
大好きなテニスができるようになって、
本当によかったです!
この方の感想は↓
http://www.yoshimura2009.com/suzukisayorisan2.html
膝痛で困っている方の参考になれば幸いです。
では、また♪

本日は、TFCC損傷5の症例を書きます。
今回も結論から言えば改善しました。
年齢:50代
性別:女性
職業:無職
主訴:右TFCC損傷
動作検査:回外(++)回内(++)尺屈(-)
橈屈(-)自発痛(-)物をもつ(+)掃除機(+)
そうきん(+)食事中(-)昼と夕(+)
その他:今年の1~2月頃から痛み始めた。
仕事がピッキング作業で手首を良く使うことが多かった。
3月頃から悪化し、手の整形外科を受診。
TFCC損傷と診断を受けた。尺骨も長いと言われた。
注射を2回と痛み止めの薬をしばらく飲んだが改善なし。
痛みの為、今年の6月に仕事を退職した。
手術は、怖いのでTP鍼治療でなんとかならないかと思い来院。
治療部位:尺側手根伸筋+屈筋、前腕屈筋群+伸筋群、TFCC部など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:TFCC損傷の治療はかなり厳しい旨を伝えたうえで、
通えれば3ヶ月間治療を受けてくださいと告げました。
1回目:特に変化なし。回数券を購入。
3回目:少し変化あり。
4回目:ぺ10→10。痛みの回数は減ってきている。
5回目:ペ10→9。変化がでてきた。
6回目:ペ10→8。治療すると確実に良い感じ。
7回目:ペ10→7。特定の動作が痛い。回内(+-)
10回目:ペ10→6。良い時が多くなった。ひねった時が痛い。
12回目:ペ10→5。TFCCの痛みの質が変わった。鋭痛→鈍痛へ。
16回目:ペ10→6。鈍痛の波がある。特定の動作のみ痛む。
20回目:ペ10→6。痛みの感覚がよくわからなくなってきた。
23回目:ペ10→5。茶碗(+-)シャンプー(+-)
25回目:ペ10→5。だいぶ日常生活は楽になってきた。
※途中から痛みの変化がわからなくなってきたので、
日常生活の中での痛みの評価表を作っていただきました。
皮むき、茶碗、シャンプー、ドライヤー、シートベルト、ぞうきんが、
日常生活で痛む動作とのことでした。
結果は、皮むき、シートベルトの動作は完治。
茶碗、シャンプー、ドライヤー、ぞうきんの動作は、
弱い鈍痛が残るレベル。
その他の日常生活動作は、痛くないとのことでした。
今後は、予防治療で年内継続する予定です。
治療期間:25回目までで、3ヶ月間です。
      
            
コメント
相変わらずTFCC損傷は難しい疾患です。
ですが、TFCC損傷でも治療を継続すると改善します。
そう簡単には、結果はでませんが、
あきらめずに治療をすれば、
かなり生活の質は上がると思います。
今回は、三ヶ月間治療を続けていただいた結果を、
報告させていただきましたので、
TFCC損傷でお困りの方達の
ご参考にしていただければ幸いです。
では、また♪

 

本日は、腰痛の症例を書きます。
年齢:10代
性別:女性
職業:中学生(テニス部)
主訴:腰痛(右>左)
動作検査:立位(+)座位(-)前屈(++)
入浴後楽(+)部活中(+)後屈(+)
階段(-)回旋(+)寝てる時(+)
その他:1か月前から症状がでていた。
我慢しながらテニスをやっていたが、
そろそろ限界になってきたとのこと。
一週間後にテニスの県大会があるので、
その時までになんとかならないかと、
お母さんに連れられて来院されました。
治療は初めてとのこと。
治療部位:多裂筋、起立筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:大会までの間に、
3回ほど続けて治療をうけてくださいと伝えました。
1回目:ペ10→5。けっこう楽になった。痛みが移動した。
2回目:ペ10→0。痛みがなくなったので様子をみることに。
※後日、お母さんがご報告にみえました。
無事に大会で試合ができたとのこと。
「全力を尽くして、戦えたので良かった、お世話になりました」
とおっしゃっていただきました。
治療期間:2回目で、3日間です。
      
             
コメント
やはり、中学生は回復が早いですね。
毎回、これだけ早く結果がでれば嬉しいですけどね。
部活をやっている子は、
筋肉にそうとう負担がかかっている事があるので、
鍼治療に抵抗がなければ、
鍼で身体のメンテナンスをしながら、
部活をやるとパフォーマンスが上がると思います。
スポーツ障害でお困りの方は、
是非、当院にご相談ください。
皆様のご参考になれば幸いです。
では、また♪

本日は、腰痛+坐骨神経痛の症例を書きます。
年齢:50代
性別:男性
職業:肉体労働(整備士)
主訴:腰痛+坐骨神経痛
動作検査:仕事中(+)立位(+)歩行5分(++)
座位(+)立ち上がり(+)入浴後楽(+)シビレ(+)
階段(-)膀胱直腸障害(+-)頻尿(+-)
灼熱感(-)左>右(+)朝(++)前立腺(-)
その他:2か月前から症状がでた。
整形外科にて、腰椎ヘルニア(L2.3)、
脊柱管狭窄症(L4.5)、すべり症と診断された。
ヘルニアと狭窄症がひどいので、
手術をすすめられたそうです。
整形で注射、痛み止め、点滴にて治療し、
整体、他院で鍼灸もやったが改善しなかった。
手術はしたくないので、TP鍼治療でなんとかならないかと、
上司のご紹介で当院へ来院されました。
治療部位:大殿筋、中殿筋、小殿筋、ハムスト、多裂筋、起立筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:かなり症状が強かったので、
できれば1カ月間は週二回通院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→7。坐骨部は変化あり。シビレは変化なし。
2回目:ペ10→7。坐骨部は楽になった。痛みの場所が変わった。
3回目:ペ10→6。内ももに痛みが移動したが、楽になった。膝も痛くなってきた。
4回目:ペ10→6。ふとした動作でズキッと痛む。起床時はつらい。
5回目:ペ10→6。痛みの回数が減ってきた。下腿が気になる。
8回目:ペ10→8。鈍痛がひどくなった。ストレス(+)シビレは軽減。
なかなか改善しないので、手術も検討中とのこと。
10回目:ペ10→7。痛みがあちこち移動する。大腿外側(+)足背(+)
12回目:ペ10→7。治療した所は良いが、別のところが痛くなる。
全体的には改善してきたので、手術は様子をみることにした。
16回目:ぺ10→6。鈍痛はあるが、日常生活に支障がなくなってきた。
20回目:歩行も改善。趣味もできるようになった。
23回目:ペ10→4。腰、下肢共に良くなっている。仕事中も順調。
27回目:ペ10→3。全体的に良好。違和感があるのみ。
30回目:ペ10→3。太ももがツリそうになる。ストレス(-)歩行(-)
32回目:全体的に疲れがでるので、全身治療に切り替えた。
36回目:特に気になるところはないが、予防の為全身治療。
現在もメンテナンス治療で通院中です。
治療期間:27回目までで、3か月です。
      
             
コメント
今回の症例はかなり治療期間がかかりました。
ですが、ヘルニア、脊柱管狭窄症を手術せずに、
日常生活が送れるまでになりました。
すべり症の為、腰椎の棘突起が普通よりも
飛び出ていたのですが、それも治療していった結果、
引っ込みました。
患者さん曰く
「イスに座ると骨が背もたれに当たって痛かったのが、
 今は痛くなくなった。骨が引っ込んだ感じがする」とおっしゃっていました。
患者さんの上司の方からも、
「本当に良くなってよかったよ。以前と仕事中の動きが全然違うよ。
 手術したらリハビリが大変だったから、うちの社長も喜んでいるよ」
と言っていただけました。
今回のように、治療期間がかかることもありますが、
筋肉が原因の症状なら、必ず結果がついてきます。
ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性痛の方達は、
コストと時間の問題がありますが、
あきらめず、TP鍼治療をうけていただきたいと思います。
皆様のご参考になれば幸いです。
では、また♪

本日は、左下肢の痛みの症例を書きます。
年齢:30代
性別:男性
職業:肉体労働(倉庫業)
主訴:左下肢の痛み
動作検査:仕事中(++)立位(++)仕事後(+-)
しめつけ感(+)夜間痛(-)入浴後楽(+)シビレ(+)
歩行(-)階段(-)座位(-)
その他:2週間前にぎっくり腰をした後から、
左下肢が痛くなった。
整体に2回、接骨院に6回通い、
腰はよくなったが下肢の痛みが治らない為、
HPをみて当院へ来院。
治療部位:大殿筋、中殿筋、小殿筋、ハムスト、多裂筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4回ほど間をつめて通院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→7。2~3日は楽だった。仕事すると午後からしんどい。
2回目:ペ10→5。かなり楽になった!仕事中もいい感じ。
3回目:ペ10→2.5。良好。痛みはない。ハムストの張り感のみ。
4回目:良好。肉体労働の為、定期的な予防をすすめて、一旦終了。
治療期間:4回目までで、12日間です。
      
             
コメント
仕事で長時間の立位姿勢の為、
腰と下肢に痛みがでた症例でした。
筋肉は、長時間の同姿勢、オーバーユース、
冷え、ストレス、事故、季節の変わり目などが、
原因で痛みを発生させます。
今の時期は、季節の変わり目で、
自律神経に負担がかかり、
痛みやシビレが悪化する方が多くなります。
ゆっくりお風呂に入ったり、軽いウォーキングなどをして、
痛みやシビレの悪化予防をしてください。
予防しても症状が辛い時は、当院へお任せ下さい。
では、また♪

 

本日は、右肩コリ+緑内障の症例を書きます。
年齢:40代
性別:女性
職業:デスクワーク
主訴:右肩コリ+緑内障
動作検査:同姿勢(+)後屈(+-)
右回旋(+-)頭痛(+-)入浴後楽(+)
重い(+)動作制限(+)仕事中(+)
その他:左目が病気の為失明している。
デスクワークの影響で、
半年前から肩コリがすごいとのこと。
たまに腰痛と肘の痛みもでる。
つらくなるとマッサージをうけてきた。
妹さんの紹介で鍼治療に興味をもち来院。
治療部位:肩甲挙筋、僧帽筋、板状筋、頭最長筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:仕事が忙しい為、
来れる範囲で通院をお願いしました。
1回目:鍼治療したら、肩が軽くなったとのこと。
忙しくて来院できず。
4カ月後に再来院。
2回目:左目の眼圧が40ある。上半身がしんどい。
忙しい為、1~2週間に一度の間隔で治療していくことに。
3回目:鍼治療すると肩コリ&目の調子もいい気がするとのこと。
4回目:上半身が良い感じ。目の腫れが少なくなった。眼圧32に下がった。
5回目:眼圧変化なし32~34。目の充血もでてきた。
6回目:ストレスで症状が悪化してきた。眼底出血もしてしまった。
7回目:かなり楽になった。治療すると1~2週間は調子が良い。
8回目:調子が良い。眼圧が20まで下がった。本人も驚いている。
9回目:眼圧8に下がった!
鍼治療以外、以前と変わったことはなにもしていないとのこと。
10回目:眼圧も安定している。医者も驚いていたとのこと。
11回目:良好!一旦、終了。
治療期間:2回目~11回目までで、4ヶ月と19日間です。
      
             
コメント
今回の患者さんは、私と似たような症状を
もっていた方でした。
患者さんの気持ちが重々わかるので、
なんとかしてあげたい気持ちで治療をしていきました。
今回は結果的に、慢性的な上半身のコリが軽くなり、
眼圧も一ケタまで下がりました。
私の場合、腫瘍があった為、
鍼治療しても眼圧は下がらなかったですが、
緑内障のみの場合の眼圧コントロールは、
数か月治療すれば、できる可能性が高いです。
目の症状や眼圧のコントロールは、
私の経験的に頭板状筋が効くので、
治療家の皆様は是非、治療していただきたいと思います。
私も緑内障もちですので、
緑内障でお困りの方達のお役に立てれば幸いです。
では、また♪

本日は、左頚肩痛(寝違いの後遺症)の症例を書きます。
年齢:40代
性別:女性
職業:専業主婦
主訴:左頚肩痛(寝違いの後遺症)
動作検査:自発痛(-)同姿勢(+)回旋(-)
後屈(+-)仰向け(+)横向き(+)側屈(+-)
入浴後楽(+)頭痛(+)睡眠中(+)
つっぱり感(+)動作制限(+)
その他:3週間前に寝違えてから、
ずっと治らないため、ご主人様に紹介されて来院。
治療は初めてとのこと。
治療部位:肩甲挙筋、僧帽筋、板状筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:そこまで症状がつらくないので、
3回ぐらい治療すれば楽になると伝えました。
1回目:ペ10→1。痛みはなくなった。違和感がある。後屈(+-)
2回目:ペ10→0。リバウンドが1~2日でる。疲れが溜まるレベル。
治療間隔を9日あけてみることに。
3回目:違和感がまだ少し残るが良好。頸椎の矯正も追加した。
良好な為、終了。
※10日後TELにてその後を確認。
リバウンドが2~3日でたが、違和感もなく良好とのこと。
治療期間:3回目までで、12日間です。
      
             
コメント
寝違いは、痛めてからすぐに治療すれば、
かなり早く完治します。
自然に治るだろうと考え、治療することが遅れると、
やっかいな慢性痛になってしまうことがあります。
どんな痛みでも、1~2週間経って、
おさまらない場合は、是非当院へご連絡ください。
きっとお役に立てると思います。
では、また♪

本日は、右肩背部~肘までの痛みの症例を書きます。
年齢:70代
性別:女性
職業:無職
主訴:右肩背部~肘までの痛み
動作検査:自発痛(+)同姿勢(+)しみる痛み(+)外転(-)
内転(+)安静(+)前屈(+)後屈(+)入浴後楽(+)
その他:7日前ぐらいに畑仕事や植木作業を、
長時間したあとから痛みだした。
近所の整骨院で電気治療と、かかりつけクリニックで、
レーザー&鎮痛薬で、治療したがまったく変化なし。
友人から紹介されて当院へ来院。
治療部位:多裂筋、僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋、棘下筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:3~4回までは間をつめて
通院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→8.9。後屈(+)自発痛(-)
2回目:ペ10→2。かなり良くなった。右肘が少し残る。
3回目:ペ10→1。右肩と右肘がほんの少し残るが、良好。
4回目:良好。日常生活(-)ゲートボールもできるようになった。
畑仕事もできるようになった。
良好な為、一旦終了。
治療期間:4回目までで、6日間です。
      
             
コメント
痛めてから早々に当院に来院してくださったので、
スムーズに結果がでました。
年齢が少々高くても、痛めてすぐに、
治療しにきていただければ、早期に完治します。
痛みは、できるだけ早く治療することが大切です。
TP鍼療法は、痛みには圧倒的な効果がでますので、
治療手段のひとつにご検討いただければ幸いです。
では、また♪

本日は、坐骨神経痛4の症例を書きます。
年齢:40代
性別:男性
職業:デスクワーク
主訴:左坐骨神経痛
動作検査:前屈(+)同姿勢(+)伸展(+)車の運転(+)
歩行(-)立ちあがり(+)仕事中(+)腰痛(+)
ストレス(++)靴下履く動作(+)座位(+)
その他:7日前に過度に筋トレをした後から痛みだした。
かかりつけの整体院に3回通ったが、まったく変化がないため、
HPで当院を知り来院。
治療部位:起立筋群、多裂筋、中殿筋、小殿筋、ハムスト、腓腹筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:3~4回までは週二回通院してくださいと伝えました。
ストレスが強かった為、少々治療期間がかかる旨も説明しました。
1回目:ペ10→9。ほとんど変化なし。前屈(+)
2回目:ペ10→9。座位(+)あぐらも痛い。
3回目:ペ10→8。治療後2~3日は楽だったがまだつらい。
4回目:ペ10→7。少しづつ楽になってきた。可動域アップ。前屈(+)
5回目:ペ10→6。だいぶ改善あり。身体が固くて伸びない感じになってきた。
1週間空けてみることに。
6回目:ペ10→5.5。前屈がまだ残る。ストレスも軽減。
7回目:ペ10→4.5。確実に良くなってきた。前屈も改善あり。
8回目:ペ10→3.5。だいぶ良い。
2週間空けてみることに。
9回目:ペ10→2.5。日常生活(-)筋トレも再開している。
10回目:10→1。良好。
11回目:3週間空けても良好な為、終了。
治療期間:8回目までで、1ヶ月です。
      
             
コメント
今回は、オーバーユースとストレスが重なり、
痛みとして発症した症例でした。
心に強いストレスがかかると、
身体に痛みとしてでてきます。
こんな世の中ですので、
誰しもなにかしらのストレスを抱えています。
そのストレスを解消することも、
痛み&シビレ治療には大切です。
TP鍼治療は、筋肉も緩められますし、
自律神経にもいい影響を与えられますので、
ストレスからくる疾患にも有効だと考えています。
ストレス性の痛みは少々時間がかかりますが、
きっと楽になりますので、この症例を参考にしてください。
では、また♪

 
 
 
アクセス方法
車:駐車場4台完備(一番おすすめです)
バス:新越谷駅、越谷駅、吉川駅より約20分、大相模保育所バス停から徒歩1分
電車:最寄り駅 越谷駅または越谷レイクタウン駅(徒歩30分以上)
自転車、バイク:止めるところあり
google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525