左膝痛+頚肩腰のコリ - 臨床症例

本日は、左膝痛+頚肩腰のコリの症例を書きます。
年齢:40代
性別:女性
職業:デスクワーク
主訴:左膝痛+頚肩腰のコリ
動作検査:あぐら(+)屈曲時可動制限(+)伸展(+)鈍痛(+)
動作開始時(+)内旋(-)外旋(-)後屈(+)むくみ(+)
ストレス(+)疲れ(+)階段(-)夕方(+)
その他:左膝は8年前に骨折した。
骨折はオペをせず自然治癒で経過観察していた、
その後仮骨ができてしまい、そこが当たって痛いとのこと。
膝の痛みはそれが原因だろうと整形外科医に言われている。
前十字靱帯、後十字靱帯も損傷している。ヘルニアもL4にある。
8年前から膝が痛むので、過去にマッサージ、整骨院、
整体、鍼灸を沢山うけてきたが、それほど改善はなかった。
肩コリ腰痛は慢性化している。
今回は、二週間前から膝が悪化したため当院へ来院。
治療部位:僧帽筋、肩甲挙筋、起立筋群、多裂筋、膝蓋靱帯、大腿四頭筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:3~4回までは週二回通院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→5。むくみ改善、伸展動作アップ、痛みも軽減した。
2回目:ペ10→3。上半身のコリはかなり改善。あぐらはまだ残る。
3回目:ペ10→2。コリは良好。膝はふとした動作でまだ残る。あぐら(-)
膝の可動域もアップ。
比較的良好なので、10日空けてみる。
4回目:ペ10→2。良好。腰は問題なし。肩コリと太ももの後ろが気になる。
膝も痛む回数がかなり減った。
二週間空けてみる。
5回目:空いたわりには良好。膝の痛みもかなり良い。
日常生活はほとんど気にならないので一旦終了。
治療期間:3回目までで、7日間です。
      
             
コメント
患者さん曰く、
「仮骨が痛みの原因だから、もう治らないと思っていた」
「整骨院に通うよりTP鍼治療を
受けた方が断然効果が高いし、治りも早いね」
とおっしゃっていました。
今回のケースでも考えていただきたいのが、
「今までの痛みは、本当に仮骨が原因なのか?」
というところです。
本当に仮骨が痛みの原因なら、仮骨を取り除かないと
痛みは改善しないはずです。
でも、TP鍼治療したらかなり改善しました。
TP鍼治療で仮骨がなくなったとは思えませんし、
仮骨が減ったとも思えません。
過去に仮骨が原因だからもう治らないと、
言われた患者さんを治療しましたが、
その方もTP鍼治療でかなり改善しました。
今回のケースも結論は、
筋肉と靭帯に痛みの原因がありました。
現実は、このような方が本当に多いです。
この現実を少しでも変える為、
TP治療家を育成し、TP鍼療法を患者様に
知っていただきたいと考えています。
長い間痛みとシビレでお困りの方は、
是非一度、当院へご相談ください。
では、また♪

 

 

 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分30秒

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525