腰痛+坐骨神経痛 - 臨床症例

本日は、腰痛+坐骨神経痛の症例を書きます。
年齢:50代
性別:男性
職業:肉体労働(整備士)
主訴:腰痛+坐骨神経痛
動作検査:仕事中(+)立位(+)歩行5分(++)
座位(+)立ち上がり(+)入浴後楽(+)シビレ(+)
階段(-)膀胱直腸障害(+-)頻尿(+-)
灼熱感(-)左>右(+)朝(++)前立腺(-)
その他:2か月前から症状がでた。
整形外科にて、腰椎ヘルニア(L2.3)、
脊柱管狭窄症(L4.5)、すべり症と診断された。
ヘルニアと狭窄症がひどいので、
手術をすすめられたそうです。
整形で注射、痛み止め、点滴にて治療し、
整体、他院で鍼灸もやったが改善しなかった。
手術はしたくないので、TP鍼治療でなんとかならないかと、
上司のご紹介で当院へ来院されました。
治療部位:大殿筋、中殿筋、小殿筋、ハムスト、多裂筋、起立筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:かなり症状が強かったので、
できれば1カ月間は週二回通院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→7。坐骨部は変化あり。シビレは変化なし。
2回目:ペ10→7。坐骨部は楽になった。痛みの場所が変わった。
3回目:ペ10→6。内ももに痛みが移動したが、楽になった。膝も痛くなってきた。
4回目:ペ10→6。ふとした動作でズキッと痛む。起床時はつらい。
5回目:ペ10→6。痛みの回数が減ってきた。下腿が気になる。
8回目:ペ10→8。鈍痛がひどくなった。ストレス(+)シビレは軽減。
なかなか改善しないので、手術も検討中とのこと。
10回目:ペ10→7。痛みがあちこち移動する。大腿外側(+)足背(+)
12回目:ペ10→7。治療した所は良いが、別のところが痛くなる。
全体的には改善してきたので、手術は様子をみることにした。
16回目:ぺ10→6。鈍痛はあるが、日常生活に支障がなくなってきた。
20回目:歩行も改善。趣味もできるようになった。
23回目:ペ10→4。腰、下肢共に良くなっている。仕事中も順調。
27回目:ペ10→3。全体的に良好。違和感があるのみ。
30回目:ペ10→3。太ももがツリそうになる。ストレス(-)歩行(-)
32回目:全体的に疲れがでるので、全身治療に切り替えた。
36回目:特に気になるところはないが、予防の為全身治療。
現在もメンテナンス治療で通院中です。
治療期間:27回目までで、3か月です。
      
             
コメント
今回の症例はかなり治療期間がかかりました。
ですが、ヘルニア、脊柱管狭窄症を手術せずに、
日常生活が送れるまでになりました。
すべり症の為、腰椎の棘突起が普通よりも
飛び出ていたのですが、それも治療していった結果、
引っ込みました。
患者さん曰く
「イスに座ると骨が背もたれに当たって痛かったのが、
 今は痛くなくなった。骨が引っ込んだ感じがする」とおっしゃっていました。
患者さんの上司の方からも、
「本当に良くなってよかったよ。以前と仕事中の動きが全然違うよ。
 手術したらリハビリが大変だったから、うちの社長も喜んでいるよ」
と言っていただけました。
今回のように、治療期間がかかることもありますが、
筋肉が原因の症状なら、必ず結果がついてきます。
ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性痛の方達は、
コストと時間の問題がありますが、
あきらめず、TP鍼治療をうけていただきたいと思います。
皆様のご参考になれば幸いです。
では、また♪

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525