左下肢の痛み - 臨床症例

本日は、左下肢の痛みの症例を書きます。
年齢:30代
性別:男性
職業:肉体労働(倉庫業)
主訴:左下肢の痛み
動作検査:仕事中(++)立位(++)仕事後(+-)
しめつけ感(+)夜間痛(-)入浴後楽(+)シビレ(+)
歩行(-)階段(-)座位(-)
その他:2週間前にぎっくり腰をした後から、
左下肢が痛くなった。
整体に2回、接骨院に6回通い、
腰はよくなったが下肢の痛みが治らない為、
HPをみて当院へ来院。
治療部位:大殿筋、中殿筋、小殿筋、ハムスト、多裂筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4回ほど間をつめて通院してくださいと伝えました。
1回目:ペ10→7。2~3日は楽だった。仕事すると午後からしんどい。
2回目:ペ10→5。かなり楽になった!仕事中もいい感じ。
3回目:ペ10→2.5。良好。痛みはない。ハムストの張り感のみ。
4回目:良好。肉体労働の為、定期的な予防をすすめて、一旦終了。
治療期間:4回目までで、12日間です。
      
             
コメント
仕事で長時間の立位姿勢の為、
腰と下肢に痛みがでた症例でした。
筋肉は、長時間の同姿勢、オーバーユース、
冷え、ストレス、事故、季節の変わり目などが、
原因で痛みを発生させます。
今の時期は、季節の変わり目で、
自律神経に負担がかかり、
痛みやシビレが悪化する方が多くなります。
ゆっくりお風呂に入ったり、軽いウォーキングなどをして、
痛みやシビレの悪化予防をしてください。
予防しても症状が辛い時は、当院へお任せ下さい。
では、また♪

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525