右肩コリ+緑内障 - 臨床症例

 

本日は、右肩コリ+緑内障の症例を書きます。
年齢:40代
性別:女性
職業:デスクワーク
主訴:右肩コリ+緑内障
動作検査:同姿勢(+)後屈(+-)
右回旋(+-)頭痛(+-)入浴後楽(+)
重い(+)動作制限(+)仕事中(+)
その他:左目が病気の為失明している。
デスクワークの影響で、
半年前から肩コリがすごいとのこと。
たまに腰痛と肘の痛みもでる。
つらくなるとマッサージをうけてきた。
妹さんの紹介で鍼治療に興味をもち来院。
治療部位:肩甲挙筋、僧帽筋、板状筋、頭最長筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:仕事が忙しい為、
来れる範囲で通院をお願いしました。
1回目:鍼治療したら、肩が軽くなったとのこと。
忙しくて来院できず。
4カ月後に再来院。
2回目:左目の眼圧が40ある。上半身がしんどい。
忙しい為、1~2週間に一度の間隔で治療していくことに。
3回目:鍼治療すると肩コリ&目の調子もいい気がするとのこと。
4回目:上半身が良い感じ。目の腫れが少なくなった。眼圧32に下がった。
5回目:眼圧変化なし32~34。目の充血もでてきた。
6回目:ストレスで症状が悪化してきた。眼底出血もしてしまった。
7回目:かなり楽になった。治療すると1~2週間は調子が良い。
8回目:調子が良い。眼圧が20まで下がった。本人も驚いている。
9回目:眼圧8に下がった!
鍼治療以外、以前と変わったことはなにもしていないとのこと。
10回目:眼圧も安定している。医者も驚いていたとのこと。
11回目:良好!一旦、終了。
治療期間:2回目~11回目までで、4ヶ月と19日間です。
      
             
コメント
今回の患者さんは、私と似たような症状を
もっていた方でした。
患者さんの気持ちが重々わかるので、
なんとかしてあげたい気持ちで治療をしていきました。
今回は結果的に、慢性的な上半身のコリが軽くなり、
眼圧も一ケタまで下がりました。
私の場合、腫瘍があった為、
鍼治療しても眼圧は下がらなかったですが、
緑内障のみの場合の眼圧コントロールは、
数か月治療すれば、できる可能性が高いです。
目の症状や眼圧のコントロールは、
私の経験的に頭板状筋が効くので、
治療家の皆様は是非、治療していただきたいと思います。
私も緑内障もちですので、
緑内障でお困りの方達のお役に立てれば幸いです。
では、また♪

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525