線維筋痛症2 - 臨床症例

本日は、改善があった線維筋痛症2の症例を書きます。
年齢:30代
性別:女性
職業:無職
主訴:頚肩、背部、腰の痛みとシビレ。
動作検査:座位(+)自発痛(+)常に痛い(+)同姿勢(+)
日常生活(+)ストレス(+)顎関節(+)
その他:2年半前ぐらいから腕が痛みだし、一年半前から症状が悪化。
口腔外科で顎関節の治療、左腕はレーザー治療をうけている。
整形外科でTP注射治療(入院1ヶ月)もした。
湯治も2週間行ってきた。
カウンセリングも月に2回を半年うけている。
薬はしばらく服用していないとのこと。
さまざまな治療をうけてきたが、一進一退だったとのこと。
痛みの為、仕事もやめざるおえなかった・・・。
鍼灸治療を受けるには、敷居が高かったが、
入院先で当院を紹介されて、思い切って来院されました。
治療部位:板状筋、肩甲挙筋、起立筋、多裂筋、斜角筋、僧帽筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:改善する為には、最低2~3ヶ月続けて治療を
うけてみてくださいとお伝えしました。
最初の1ヶ月は、週二回の来院指導を提案しました。
1回目:軽くなった感じがある。
5回目:ぺ10→8。治療すれば軽減する。
治療効果が実感できるとのこと。
11回目:ペ10→6。できる動作が増えてきた。
痛みがよく移動する。
約一ヶ月経過。
14回目:ペ10→4or5。左右差がでている。けっこう良い状態が保てる。
16回目:ペ10→4。鍼治療してから、
レーザー治療、顎関節治療の効果も上がってきた。
17回目:ペ10→3。長距離移動、PC作業、ゲームなどもできるようになった。
約二ヶ月経過。
前回治療から約二週間空いた。
18回目:ペ10→3。GWも良好だった。
アルバイトもできそうなので、これから探すとのこと。
今後も一週間に一度は治療を継続していく予定です。
治療期間:18回目までで、約三ヶ月です。
             
コメント
今回の線維筋痛症の症例は、
早い段階でいい結果がでていました。
線維筋痛症を改善するためには、
あらゆる手段の治療を組み合わせて、
効果があるか、ないかを身体で選別していくことが、
大切と思います。
既往歴が長くて、薬を長期服用している方は、
なかなか改善がみられるまで時間がかかります。
(※改善しないこともあります・・・涙)
ただ、週二回の治療を3ヶ月続けていけば、
きっと改善する可能性はあると思います。
現実は、金銭面で続きにくいと思いますので、
当院では線維筋痛症の方には回数券を発行しております。
少しでも、長く、安く、そして効果がある治療をうけていただきたいと、
考えておりますので、当院でできるギリギリの価格で、
回数券を提供させていただいております。
線維筋痛症でお困りの方は、当院に一度ご相談ください。
きっとお役にたてると思います。
では、また♪

 

 

 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分30秒

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525