BLOG 一覧 (カテゴリ:臨床症例)

今までの BLOG の一覧です。

2018年04月07日(土)
2014年12月15日(月)
2014年12月11日(木)
2014年12月05日(金)
2013年02月13日(水)
2013年01月15日(火)
2012年11月03日(土)
2012年10月11日(木)
2012年10月03日(水)
2012年08月22日(水)

今回の臨床症例は顎の痛みに関するものです。

 

年齢:30代

性別:女性

主訴:右顎関節の痛み、右

主観的情報:いつもは時間が経つと良くなるが今回はいつまで経っても良くならない、
昔から就寝時に歯を食いしばる癖がある、顎の動きが悪い、側頭部痛(+)朝(+)

客観的情報:開口(+)指2本分開かない、下顎を左に寄せる(+)

評価: MPS 外側翼突筋、側頭筋

施術計画:週2回のペースでまず4回、その後は間を空けて定期的に

施術方法:トリガーポイント鍼療法

 

施術経過

1回目:外側翼突筋を中心に10分置鍼

2回目:NRS10→6~7。大分楽になった。朝はまだ痛い。指2本楽に開く。

3回目:痛みが下に降りてきた。痛みはあるが良い感じ。可動域上がっている。

4回目:NRS3~4。指2.5本分開く。

5回目:NRS2~3。だいぶ楽になった。

 

※患者様の同意を得て掲載しております

 

鍼は顎の奥の筋肉と相性がとても良く、

手の届きにくい深部へのアプローチが可能です。

 

最初の施術で10あった痛みが6~7、

4回の施術で痛みのレベルが2~3まで下がりました。

 

噛み締めや歯ぎしりは就寝時、無意識にしてしまうので、

定期的なメンテナンスが望ましいと説明しました。

 

また、顎の筋肉の緊張は頚肩の痛みに繋がることが多いです。

頑固な肩こりに悩まれている方は

顎の筋肉を緩めてあげることで改善の突破口が開ける場合があります。

 

心当たりのある方は是非とも当院の施術を受けて頂ければと思います。

 

 

******************

bright鍼灸院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日
越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

******************

本日は学生のスポーツにおける肉離れの症例です。

肉離れとは激しい運動が原因で筋肉に損傷をきたすもので、

基本的に安静にすることが治癒における王道となります。

しかし、試合や大会が近いなどの理由でどうしても早く治したい!

そのような場合も鍼療法によって早期回復が期待できます。

年齢:10代

性別:男性

職業:学生

主訴:左ふくらはぎの肉離れ(一ヶ月前)

症状:歩行(-)加重(+)ジャンプ(+)ダッシュ(+)
   走行姿勢の不良(+)つま先立ち(±)入浴後楽(+)

その他:負傷後すぐに整形外科にて肉離れと診断。
    整骨院にて2週間超音波治療を受けるがあまり良くならない。
    来院時はペインスケール10→6~7。

治療方法:トリガーポイント鍼療法

治療部位:腓腹筋 ヒラメ筋

治療計画:炎症が落ち着いていること、温めると楽なことから肉離れ後の筋筋膜性疼痛と判断。
     数回通っていただければすぐ良くなりますよとお伝えしました。

1回:うつ伏せにて下腿三頭筋に刺鍼。

2回:ペインスケール10→3~4。もう少し残る。階段昇降(±)

3回:ペインスケール10→0。サッカーも問題なくできている。終了。

治療期間
完治まで7日でした。
今回の痛みは肉離れ後の筋肉の過緊張によるものと考えられます。
いずれの場合も早期治療が早期回復に繋がりますので、
スポーツ障害で悩まれている方はご参考にして下さい。

今日は腰痛の臨床症例です。

腰痛は罹患頻度が肩こりに次いで高く、しかしながらその原因は様々です。
今回はその中でも筋筋膜性疼痛由来の腰痛の症例を紹介します。

 

年齢:50代

性別:男性

職業:デスクワーク

主訴:4ヶ月前からの腰痛

症状:座位からの立位(+) 同じ姿勢が続く(+) 後屈(+) 左回旋(+)

その他:整形外科に4ヶ月通院。レントゲン異常なし。

治療方法:トリガーポイント鍼療法

治療部位:腰部多裂筋 腰方形筋 脊柱起立筋

治療計画:最初は週に2回来院して、その経過次第で週に1回診させて下さい。
おそらく4回以内に良くなると思いますと説明しました。
1回:多裂筋、腰方形筋、腰部起立筋に刺鍼。

2回:ペインスケール10→5。腰よりお尻が気になるようになった。動作痛(-)違和感(+)

3回:ペインスケール10→1.2。違和感(+)まだゴルフをするのは怖い。

4回:腰の真ん中の重さ。あと少し。
右肩関節が気になる。外旋(+)外転110°(+)棘下筋に刺鍼。

 

 

治療結果
4回目まで3週間です。
3回の治療で痛みなく日常生活ができるようになりました。
現在は趣味のゴルフを心配なくできるよう継続治療中です。

今日はTFCC損傷10についての症例です。

 

年齢:30代

性別:男性

職業:デクスワーク

主訴:TFCC損傷(左)

2013年1月より左手首の調子が悪く、大学病院でレントゲン検査してもらうも原因不明。

2013年8月に別の病院にてレントゲン検査、そこでTFCC損傷の診断をされる。

それから1年以上、日常生活は固定具をつけて過ごしてきた。

目標は手首の痛みをとって、趣味のバイクに乗ること!

治療部位:尺側手根伸筋屈筋+腱、TFCC部、前腕伸筋屈筋群

 

1回目 前腕屈筋、伸筋に刺鍼。

2回目 固定具を外して生活できるようになった!PC作業も順調。最初の痛みから半分以下に。

3回目 もう少しで痛みが無くなりそう。

(1~3回までの来院期間は1週間です。)

 

患者さんの痛みはかなり軽減されたので、いったん様子をみるため治療を終了。

ちょっとツーリングには寒い時期ですが、趣味のバイクを楽しんで下さい!

 

病院にてTFCC損傷の診断がありましたが、今回の症例では筋痛症(MPS)による手首の痛みによるものでした。

こういった症例の患者さんが当院では多く見られます。

病院でTFCC損傷の診断を受けて治療をしているがなかなか改善がみられない・・・と悩んでいるなら、

一度当院までご相談下さい!

久しぶりに、TFCC損傷9の症例を書きます。
今回も結論から言えば改善しました。
年齢:40代
性別:男性
職業:デスクワーク
主訴:TFCC損傷(L)
動作検査:背屈(+)回外(+-)回内(++)
尺屈(++)橈屈(-)自発痛(-)
鈍痛(+)圧痛(+)PC作業(+)音がなる(+)
ノック(+)キャッチボール(+)バッティング(+)
その他:少年野球のコーチをしていて、
半年ぐらい前から症状が出始めた。
1ヵ月前にバッティングセンターに行ったら悪化した。
整形外科にてレントゲン検査でTFCC損傷と診断をうけた。
MRI、造影剤検査はしなかった。
保存療法で様子をみながら、
少年野球はお休みしたらと医師に言われたとのこと。
野球を続けたいので困っていた所、
知人に当院を紹介され来院されました。
治療部位:尺側手根伸筋屈筋+腱、TFCC部、前腕伸筋屈筋群など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:TFCC損傷は改善するまで、
10回ぐらいはかかると伝えて、治療を始めました。
当院まで遠いため、最低一週間に一回の治療計画になりました。
1回目:多少、変化があった。
2回目:痛みの質が変わってきた。鈍痛→鋭痛に変化した。
3回目:ぺ10→6、7。良くなってきた。音が小さくなった。
4回目:ペ10→6、7。動かすと痛い。リバウンドが少々でる。
5回目:ペ10→6。平日、仕事中は痛みがなくなった!
6回目:ペ10→1。かなり良くなった!日常生活は痛みなし。
7回目:ぺ10→1。良好。野球をやってみるとのこと。
都合が合わず2週間後に来院。
8回目:ぺ10→2~3。キャッチボール中は少々痛む。
9回目:ペ10→3~4。回内+背屈でボールをキャッチすると少し痛む。
その他は良好!
※キャッチボールさえしなければ良好なので、
しばらく様子をみてみるとのことで一旦終了。
治療期間:9回目までで、3ヵ月と5日間です。
         
            
コメント
TFCC損傷もTP鍼療法を用いれば、
時間はかかるかもしれませんが、
このように改善します。
TFCC損傷を治療するひとつの手段として、
トリガーポイント鍼療法を知っていただき、
TFCC損傷でお困りの方達のお役にたてれば幸いです。
では、また♪
★★★★★★★★★★★
よしむら鍼灸治療院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
http://yoshimura2009.com/
★★★★★★★★★★★

本日は突発性難聴の症例を書きます。
年齢:40代
性別:男性
職業:服飾修理職人
主訴:左突発性難聴
動作検査:中低音が聞こえない、男性の声も聞こえない、
高音は聞こえる、耳鳴りもある(キーン、ザザー)、つまった感じもある、
入浴変化なし、めまいはなし、耳の痛みもなし、慢性的な肩こりはある。
その他:6日前から突然左耳が聞こえなくなり、
耳鼻科にて聴力検査して、医師に突発性難聴と診断された。
聴力検査の数値は左がすごく悪かったとのこと。
ステロイド剤と血流を改善する薬(3種類)を
服用しているが変化はなかった。
ネットで鍼が効くと知り、当院に来院されました。
治療部位:肩甲挙筋、胸鎖乳突筋、頭最長筋、顎二腹筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:突発性難聴は難しい症例ですので、
効果がでるかは数回やってみないとわかないこと、
症状がでてから日にちが短いこと、
めまいがでていないこと、
首回りの筋肉がすごく硬かったので、
変化する見込みがあることを説明し、
5~6回間をつめて通院してくださいと伝えました。
1回目:まだ変化なし。
2回目:治療後2日後から変化あり!
3回目:かなり良くなった!9割聞こえるようになった。
4回目:良好。病院で聴力検査したが正常に戻った!
耳鳴りも消失。聞こえも問題なし。
良好なため、4回で終了。
この方の感想はこちら。
https://www.bright2018.jp/wp-content/uploads/yoshimura2009/SCN_00032.jpg
治療期間:4回目までで、13日間です。
         
            
コメント
突発性難聴は基本的には難しい疾患ですが、
今回のケースのように筋肉が原因で、
耳が聴こえなくなることもあります。
この方のように、病院で検査、治療をしながら、
鍼治療も併用していくことが早期回復には大切だと思います。
突発性難聴でお困りの方の参考になれば幸いです。
では、また♪
★★★★★★★★★★★
よしむら鍼灸治療院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
http://yoshimura2009.com/
★★★★★★★★★★★

本日は、背中の痛みの症例を書きます。
年齢:50代
性別:女性
職業:主婦
主訴:背中の痛み
動作検査:奥の痛み(++)背中~胸に抜ける痛み(+)
動作痛(-)自発痛(-)日常生活(-)食後痛む(+)
入浴変化(-)
その他:3年前から背中が痛み、
内科や整形外科で検査したが原因が不明。
整体治療も受けたが改善せず、
一年前にTPを知り、病院でTP注射を受けてきた。
一時的に改善するが数日で痛みが戻るため、
ネットでTP鍼があるのを知り、当院へ来院されました。
治療部位:起立筋、菱形筋、肩甲挙筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:既往歴は長いが来院時の症状は、
それほど重くなかったので3回ぐらいうけてみてくださいと伝えました。
1回目:ぺ10→2。鍼の違和感が少し残っていたがかなり楽になった!
2回目:ぺ10→0.5。良好。かなり楽になり驚いている。
良好なので一週間空けてみることに。
3回目:ペ10→0。良好!
4回目:良好。動きすぎて疲れがたまったレベル。
良好なので、二週間後に来院。
5回目:良好。
※今後も予防のため通院予定です。
この方の感想はこちら。
https://www.bright2018.jp/wp-content/uploads/yoshimura2009/SCN_00026.gif
治療期間:4回目までで、15日間です。
         
            
コメント
病院で検査をしても異常がない場合は、
筋肉が原因のことがほとんどです。
背中の痛みもしっかりとTP鍼治療すれば、
早期に改善します。
背中の痛みでお困りの方の参考になれば幸いです。
では、また♪ 

本日は、左ひじの痛みの症例を書きます。
年齢:40代
性別:女性
職業:パート
主訴:左ひじの痛み
動作検査:テニス中(+)バックハンド(+)物をにぎる(+)
自発痛(-)シャンプーを押す(+)回内(-)回外(-)
ふとした動作(+)物を持ち上げる(+)日常生活(-)
その他:テニスをやっていて、1ヵ月前から痛みだした。
日常生活では痛まないが、力を入れた時に痛む。
なかなか治らないので困っていたら、
母親に当院をすすめられて来院されました。
治療部位:総指伸筋、長短橈側手根伸筋、腕橈骨筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:症状がそれほど重くないので、
3回ぐらいうけてみてくださいと伝えました。
1回目:ぺ10→5.6。痛みが点になり、はっきりしてきた。
2回目:ぺ10→2。かなり良い!シャンプー(-)物を持つ(+-)
良好なので一週間空けてみることに。
3回目:ペ10→2。テニス後が少し残る程度。にぎる(+-)
ほとんど良いので様子をみるとのことで終了。
※後日「期間があいても良好とのこと、
違和感がたまに気になる程度で、順調です。」
と報告いただきました。
治療期間:3回目までで、11日間です。
         
            
コメント
テニスのオーバーユースからくるから、
ひじの痛みでした。
それほど症状が重くなかったので、
早期に結果がでました。
痛みやしびれも早期にTP鍼治療すれば、
結果が早く出ます。
だいぶ寒くなってきましたので、
痛み、しびれが出てきた方は、
早めの治療をおすすめします。
ひじの痛みでお困りの方の参考になれば幸いです。
では、また♪

本日は、下腿の肉離れの症例を書きます。
年齢:50代
性別:女性
職業:主婦
主訴:左下腿の肉離れ
動作検査:歩行(++)かかとつく(++)
自発痛(-)発赤(-)腫脹(-)熱感(-)
圧痛(++)内出血(+-)陥没(-)
その他:3日前にダンスのレッスン中に痛めた。
整形外科を受診して、肉離れと診断された。
病院では湿布を貼って安静にしているしかないと言われた。
いつも来院している患者さんで、
早く治したいのでTP鍼治療でなんとか
ならないかと相談され、治療しました。
治療部位:腓腹筋、ヒラメ筋、長母指屈筋、など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:早く治したければまずは週3回治療して、
その後回数を減らしていきましょうと伝え治療しました。
1回目:まだ変化なし。痛みのせいで気分も落ちている。
2回目:痛みの場所が変わってきた。歩行(++)かかと(+-)
なんとかダンスの発表会に間に合わせたい。
3回目:良くなってきた感じがする。つっぱり感(+-)かかと(+-)
不安(++)ズキッとする(+-)
4回目:ペ10→2。かなり良くなってきた!少しびっこ引くが歩ける。
圧痛(-)不安(-)
5回目:良好。ふつうに歩けるようになった。
6回目:ダンスもできそうなので、一旦終了。
※後日、「無事にダンスの発表会にでれました!」と
ご連絡いただきました♪
治療期間:6回目までで、12日間です。
         
            
コメント
肉離れもⅡ度ぐらいまでの症状であれば、
早期な回復が見込めます。
スポーツをやっている方や早期に回復を望む方は、
ぜひとも当院のTP鍼治療をうけてみてください。
参考リンク
http://29banare.com/
肉離れでお困りの方の参考になれば幸いです。
では、また♪

本日は、TFCC損傷8の症例を書きます。
今回も結論から言えば改善しました。
年齢:30代
性別:男性
職業:和食職人
主訴:TFCC損傷(R)
動作検査:回外(+)回内(+)尺屈(-)橈屈(-)
自発痛(-)包丁もつ動作(+)圧痛(+-)
PC作業(+)おはしをもつ(+-)書く(+-)
洗顔(+-)洗髪(+-)自転車のハンドル(+)
ストレス(+)力が入らない(+)
その他:2ヵ月前から手首が痛い。
整形外科を受診したが、MRI、レントゲン、造影剤検査はしなかった。
レントゲン検査のみで医師にTFCC損傷と診断された。
保存療法で様子をみてと医師に言われ、
サポーターをしていたが、治る気配がなく、
なにか方法がないかとネットで調べて、当院へ来院されました。
治療部位:尺側手根伸筋屈筋+腱、TFCC部、前腕伸筋屈筋群など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:TFCC損傷でも、まだ中程度の損傷と判断し、
10回ぐらい治療をうけてみてくださいと伝えました。
当院まで遠いため、一週間に一度の治療計画になりました。
1回目:ペ10→6。けっこう楽になった!仕事中(+-)
2回目:ペ10→7。痛む動作が変わってきた。尺屈(+-)
3回目:ペ10→5。けっこう良い感じ。
都合が合わず二週間後に来院。
4回目:ペ10→5。空いたわりに良い。回内(+-)
5回目:ペ10→3。かなり良い!仕事(-)回外(+-)
6回目:ペ10→3。前回と同じ感じ。ストレス(+)
7回目:ぺ10→3。日常生活は気にならない。
都合が合わず三週間後に来院。
8回目:ぺ10→2~3。空いたが現状維持できている。
9回目:ペ10→1。良好! 一旦終了。
治療期間:9回目までで、3ヵ月間です。
         
            
コメント
TFCC損傷もTP鍼療法を用いれば、
時間はかかるかもしれませんが、
このように改善します。
TFCC損傷を治療するひとつの手段として、
トリガーポイント鍼療法を知っていただき、
TFCC損傷でお困りの方達のお役にたてれば幸いです。
では、また♪

 

 

 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分30秒

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525