坐骨神経痛2 - 臨床症例

 今日は、坐骨神経痛の症例を。
年齢:70代
性別:男性
職業:無職
主訴:左殿部から踵までの痛み+腫れ
動作検査:歩行(-)同姿勢(+)車の運転(+)座位(++)自転車(+)など
その他:一週間前ぐらいに腹筋運動をした後から痛みだした。病院にて痛み止め、
筋弛緩剤をもらったが、効果なし。MRI、X線検査もした。
腰椎5番のヘルニアと診断された。
痛みが強いなら、手術をした方がよいと言われ悩んでいるとのこと。
     
治療部位:大殿筋、中殿筋、ハムスト、腓腹筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:5~6回までは週二回来院していただき、
それでまったく変化がなかったら、
手術も検討したらどうかと提案いたしました。
1回目:ペインスケール10→9.5。痛みの場所が変わった。
2回目:ペ10→10。筋肉はほぐれているが座るとすぐ痛い。
手術しようかと思っているとのこと。
3回目:ペ10→3or4。かなり改善した。座っている時間が長くなった。
4回目:ペ10→1or2。痛みはほぼなくなった。張り感がある程度。
手術は断ったとのこと。
5回目:ペ10→0。痛みなし。違和感のみ。運動も再開したが良好。
治療期間を一週間に一度に変更。
6回目:ペ10→0。良好。
今後も予防の為、一、二週間に一度来院するとのことです。
治療期間:二週間で痛みは完治しました。
             
コメント
ヘルニアと診断されたが、鍼治療で改善すると思い、
手術はしばらく保留にしてもらいました。
治療計画どうり結果がでたのでよかったです。
手術が必要な疾患は多々ありますが、痛みに関しては鍼を数回うけてみるのを
おススメいたします。数回うけてまったく変化がない場合は手術が必要ですが、
手術しないで完治する例も多々ありますので、
痛み治療の選択肢のひとつにトリガーポイント鍼治療を
選んでいただければ幸いです。
坐骨神経痛、ヘルニアでお困りの方は、
トリガーポイント鍼治療の選択肢もご検討ください。
では、また♪

 

 

 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分30秒

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525