急性腰痛 - 臨床症例

今日は、急性腰痛の症例について書きます。
年齢:70代
性別:女性
職業:主婦
主訴:右腰痛(来院前日に腰の痛みが悪化したとの事)
その他:来院日から6日後に海外旅行へ行きたいとの事でした。
動作検査:立ち上がり、前屈、後屈、歩行、同姿勢、その他動作で痛む。
治療部位:多裂筋、起立筋、殿筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:短期間での治癒が希望なので、毎日来院していただきました。
2日目:ペインスケール10→8、3日目:ぺ10→6、4日目:ぺ10→2、5日目:ぺ10→1になりました。四日目から劇的によくなり、本人も海外旅行に行くかどうか悩んでいたが、この日を境に行く気になったとの事。
その後、無事旅行にいけましたとご連絡をいただきました。
現在は、月1,2回予防治療しに来院していただいてます。
コメント:無事海外旅行にいけて、本当によかったです。一週間あれば、急性腰痛も日常生活に支障がなくなる確率が高くなります。どんな症状も早く治療をうけるのがコツですね。
では、また♪

 
 
 
アクセス方法
車:駐車場4台完備(一番おすすめです)
バス:新越谷駅、越谷駅、吉川駅より約20分、大相模保育所バス停から徒歩1分
電車:最寄り駅 越谷駅または越谷レイクタウン駅(徒歩30分以上)
自転車、バイク:止めるところあり
google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525