書痙 - 臨床症例

本日は、書痙の症例を書きます。
年齢:30代
性別:男性
職業:デスクワーク
主訴:書痙(R)
動作検査:書くとき(++)グラスをもつ(+-)
PC(-)お箸(-)ボタン(-)ハンドル(-)
不随意運動(+-)痛み(-)ふるえ(++)
浮く感じ(++)引っ張られる(+)
その他:4年前から右腕に異常が出始めた。
その当時、仕事が忙しくストレスがたまっていたのと、
ペン&箸をもつ動作を矯正しようとして、
無理をしたのも原因かなとのこと。
東京女子医大、慶応病院にて、MRI、筋電図の検査をした。
橈側手根伸筋亢進と言われ、書痙と診断された。
ボツリヌス注射は副作用が怖いのでうけておらず、
マッサージ治療のみしかしていなかったので今まで改善がなかった。
HPをみて、もしかしたら改善するかもと思い当院へ来院されました。
治療部位:前腕屈筋群+伸筋群、僧帽筋、肩甲挙筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:書痙(ジストニア)は、難治性の為完治は難しいこと、
当院の過去の症例をお伝えし、通えるのであれば、
2~3ヵ月治療を続けてみてくださいと言いました。
栃木県宇都宮市から来院されたので、
一週間に一度のペースで治療をしていくことになりました。
1回目:変化なし。
2回目:変化あり。治療後、3日後ぐらいから改善あり。
字が書きやすくなった。
3回目:ペ10→3。改善あり。文字がしっかり書ける。
4回目:ペ10→4。前回よりつらくなった。
ペン先が浮く感じ(+)前腕がカタカタりきむ。
5回目:前回と変化なし。第1.2指の動きがおかしい。
8回目:字の書き方を変えたら、少し改善があった。
9回目:再度、慶応病院で筋電図検査したが異常なし。
10回目:指、前腕の動きはよくなっている。
ゆっくり書けば、ふるえが自分でコントロールできるまでに改善した。
手が浮く感じも改善した。
※改善してきたのと、当院までの通院がきつくなってきたので、
知人の治療院(宇都宮)に転院することになりましたので終了。
治療期間:10回目までで、2ヵ月と18日間です。
      
            
コメント
今回の書痙の症例は、過去に診た書痙よりも、
症状が軽かったように思います。
そのおかげで、改善がみられました。
前腕の伸筋群の緊張がすごく強かったこと、
不随運動が少なかったこと、脳の異常がみられなかったことが、
いい結果につながりました。
ジストニアの症状も数ヵ月続ければ、
改善する可能性はありますので、
ジストニアでお困りの方の参考になれば幸いです。
では、また♪
 

 

 
2020年5月13日に新越谷駅前から下記に移転いたしました。
屋号:ブライト鍼灸院(変更なし)
住所: 〒3430825 埼玉県越谷市大成町1‐2185‐8
電話番号:048-984-7525(変更なし)
スタッフ:吉村、大城(変更なし)
HP:  https://www.bright2018.jp/(変更なし)
 
アクセス方法
車:駐車場4台完備(一番おすすめです)
バス:新越谷駅、越谷駅、吉川駅より約20分、大相模保育所バス停から徒歩1分
電車:最寄り駅 越谷駅または越谷レイクタウン駅(徒歩30分以上)
自転車、バイク:止めるところあり
google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525