掌のシビレ(手根管症候群) - 臨床症例

今日は、掌のシビレ(手根管症候群)の症例を。
年齢:50代
性別:女性
職業:主婦
主訴:掌のシビレ(R>L)
動作検査:第一指~第五指先のシビレ(+)掌全体のシビレ(+)
起床時(+)ジンジンする(+)朝>昼(+)肩コリ(+)
入浴中(+)ティネル検査(-)頚部を前屈すると楽(+)
朝のこわばり(+)
その他:1年以上前から掌のシビレがあった。
整形外科で手根管症候群と診断を受けた。
リウマチ検査は異常なし。
ビタミン12の薬を3か月飲んだが効果がなかった。
治療は上記の薬のみで、他の治療はしたときがない。
頚肩も慢性的に凝りがあるが、
ずっと我慢してきたとのこと。
友人のご紹介で当院に来院されました。
     
治療部位:多裂筋、頭半棘筋、肩甲挙筋、僧帽筋、前腕屈筋群など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:4回までは間をつめて来院してみてくださいと伝えました。
1回目:ペ10→4。シビレがかなり改善した!背中と肘が気になるようになった。
2回目:ペ10→2。治療翌日の朝は良かった。シビレよりもこわばりが気になる。
だいぶ日常生活が楽になったとのこと。背中は良好。
3回目:ペ10→0~1。シビレはほとんどない。右のみこわばりが少し残る。
肘の違和感がまだ残る。左側は良好。
4回目:シビレはほぼ消失。こわばりのみ残るが良好な為、一旦終了。
※次回は予防のため、1~2週間以内に来院予定です。
治療期間:4回目までで、12日間です。
             
コメント
一年以上、シビレで困っていたのに、
短期間でシビレが改善された症例でした。
結果からみれば、今回の例は手根管症候群では、
なかったと思います。
頚部の筋肉が原因で、
掌にシビレがでていたのだと思います。
手根管症候群
http://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/carpal_tunnel_syndrome.html
ドクターの診断があっても、
このように改善する例は多々あります。
特に、ある動作で楽になる、ある動作で悪化する、
入浴後に楽になる、などの症状の変化があれば、
TP鍼治療で改善する可能性が高いです。
逆に、常にシビレがでていて、
動作でシビレの変化がまったくない、
数十年もシビレを患っている場合は、
TP鍼療法では効果がでにくいか、
長期間の治療が必要になります。
あきらめる前に、ぜひともTP鍼治療を受けていただきたいです。
手根管症候群でお困りの方のご参考になれば幸いです。
では、また♪

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525