TFCC損傷 - 臨床症例

今日は、TFCC損傷で改善があった症例を。
年齢:40代
性別:男性
職業:デスクワーク
主訴:右TFCC損傷(整形外科での診断)
動作検査:手首の反復動作(+)ゴルフ(++)バックを持つ(+)
日常生活(-)PC作業中(+-)
       
その他:二ヶ月前に、整形外科にてTFCC損傷の診断をうけた。
ゴルフのやりずぎで痛めたとのこと。
保存療法とかかりつけの鍼灸院でも鍼治療をうけているが、
TP鍼療法でなんとかならないかと来院。
     
治療部位:尺側手根屈筋+腱、尺側手根伸筋+腱、その他前腕屈筋+伸筋
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:TFCC損傷は鍼が不適応の可能性が高いので、
三回治療をうけて判断したい旨を伝え、一週間に一度の治療をしました。
1回目:ペインスケール10→10。特に変化なし。
2回目:ペ10→1。かなり改善した。痛みはなく、違和感があるのみ。
3回目:調子がいいので様子をみるとのこと。
※二週間過ぎにTELにて様子を確認。
その後なんとかいい状態が続いているとのこと。
当院まで通院するのは遠いので、
現在は、かかりつけの鍼灸院で、
引き続き継続治療しているとのことでした。
ご本人から「治すきっかけを与えてもらいありがとうございます」と
おっしゃっていただきました。
             
コメント
今回のTFCC損傷のケースでは、かなり改善がみられました。
現実は、こんな単純にいくケースは少ないですが、
診断をうけてから、いかに早く治療するかがポイントです。
保存療法だけでは、ほぼ治りません。
積極的に鍼治療するのが改善する近道と私は考えています。
診断を受けてから、一年以上経ってしまっているケースでは、
残念ながら、鍼治療しても改善が見られないことが多いです。
鍼治療の適応のポイント
日常生活では痛みがない。
ある特定の動作のみ痛む。
診断&痛みがでてから一年以内である。
鍼治療の不適応のポイント
日常動作でも痛い。
関節の動きが悪い&固まっている(癒着)
字が書けない。
診断&痛みがでてから一年以上経っている。
正直かなり改善は難しい疾患ですが、
TFCC損傷でお困りの方のお役に立てれば幸いです。
では、また♪ 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525