寝違いと慢性腰痛 - 臨床症例

 今日は、寝違いと腰痛の症例を。
年齢:50代
性別:女性
職業:自営業
主訴:慢性腰痛と寝違い
動作検査:回旋(+)側屈(+)前屈(+)立位(+-)同姿勢(+)
座位(+-)立ち上がり(-)後屈(+)同姿勢(+)
       
その他:三ヶ月前に寝違いをしてからずっと治らないとのこと。
腰痛は数年前からずっと痛いとのこと。
自転車の時、首が振り向けなくて困っているとのこと。
接骨院にも通院したが、いまいちだったので当院に来院。
整形ではストレートネックと椎間板が狭いとの診断。
     
治療部位:頚+板状筋、僧帽筋、肩甲挙筋、多裂筋、腸肋筋、最長筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:3、4日に一度の来院ペースで治療。
1回目:ペインスケール頚部10→5。腰10→2。かなり改善。可動域もアップ。
2回目:ペ頚部10→3。腰部10→1。以前痛かった所がでてきた感じがする。
3回目:ペ全体10→1。良好。違和感が少々ある程度。
4回目:ペ10→0.5。朝のみ違和感が気になる程度。
治療間隔を空ける。
5回目:良好。予防の為、整体治療に切り替え。
6回目:良好。
治療期間:約2週間(4回)でほぼ完治しました。
             
コメント
数か月患っている症状も、鍼をすればかなり改善いたします。
筋肉が原因の症状は当院の得意分野です。
痛み、シビレで長い間お困りの方は、是非ご相談ください。
では、また♪ 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525