ぎっくり腰 - 臨床症例

今日は、ぎっくり腰の症例を。
年齢:30代
性別:男性
職業:サラリーマン
主訴:右腰の痛みと太ももの後ろのシビレ
動作検査:歩行(+)同姿勢(+)車の運転(+)座位(-)立ち上がり(+)
       前屈(++)後屈(+)左回旋(+)など
その他:来院の三日前に痛め、整骨院に行ったがシップと安静のみの指導だけだった。
仕事に復帰する為に、早く治したいとのことで当院に来院。
     
治療部位:多裂筋、大殿筋、中殿筋、腸肋筋など
治療方法:トリガーポイント鍼療法
治療結果:早期回復希望だったので、一日おきに来院していただきました。
1回目:ペインスケール10→5。痛みがしぼられてきた。同姿勢(+)歩行(-)
2回目:ペ10→3。かなり改善。シビレも良好。
仕事もできた。同姿勢のみ少々不安がある程度。
3回目:ペ10→0。TELにて報告あり。良好なので終了。
治療期間:4日でほぼ完治しました。
             
コメント
ぎっくり腰も早く治療すれば、一週間前後で社会復帰できるようになります。
何事も早期発見、早期治療が大事です。
腰に違和感がある方、腰が重い方、腰の動きが悪い方は、
そのままの状態で無理をしますとぎっくり腰になるかもしれませんので、
早期に治療することをおススメいたします。
痛みが強くなる前に予防治療が大切です。
では、また♪ 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525