こんにちは!

スタッフの小林です。

 

本日のブログは斜角筋について解説させていただきます。

 

 

斜角筋は首の横から肋骨(鎖骨の上あたり)に付着する筋肉です。

腕神経叢という腕につながる神経の束が斜角筋の間から出てきて、

鎖骨の下を通り脇の下へ向かっていきます。

 

 

 

斜角筋の緊張が強いと

腕を上げる初動で鎖骨の上がズキッと痛んだり、

斜角筋の間を走る神経の滑走の邪魔をして、胸や脇、背中、腕などの

その神経走行上に痛みや痺れを引き起こします。

 

 

 

 

また、斜角筋は息を吸う際にも作用します。

鎖骨の上に手を当てて鼻をすすってみてください。

そのときに動く筋肉が斜角筋です。

鼻をすする機会の多い春先や、

肩で息をするランニング初心者の方も痛みやすいですね。

 

 

 

 

超音波エコーで斜角筋を観察しますと

赤い丸が神経で、

神経の束の前方(青い丸)にあるのが前斜角筋

前斜角筋の後方(黄色い丸)にあるのが中斜角筋

そのまた後方(緑の丸)にあるのが後斜角筋です

後斜角筋は筋肉の形に多くのバリエーションがあるように感じます。

エコーガイドで鍼を打つ場合は鍼先をしっかり描出させた状態で

神経や血管を避けて刺入します。

 

  

 

 

斜角筋の周りには血管や神経が多く

鍼を打つ際の難易度は高めの筋肉ですが

エコーを使うことで、より安全・的確に

鍼を打つことが可能です。

 

そして施術する側としては鍼先のコントロールに腕が鳴る

非常にやりがいのある筋肉でもあります(笑)

※小林の好きな筋肉№1

 

斜角筋の症状で困られている方は

bright鍼灸院で安心安全なエコーガイド下刺鍼を受けてみませんか?

 

 

スタッフ 小林

 

 

******************

bright鍼灸院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日
越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

******************

こんにちは!

スタッフの小林です。

 

本日のブログは肩甲挙筋について解説させていただきます。

 

肩甲挙筋は僧帽筋と並んで肩こりの主犯とされており、

肩こり界の二大巨塔とされている筋肉です(笑)

 

筋肉の走行としましては首の横から始まって肩甲骨の先っちょに付着します。

このラインに沿って痛みが出る方は非常に多いです。

 

 

肩甲挙筋は文字通り肩甲骨を挙上させる筋肉で、

後ろに振り向く際にも作用します。

また、手で何かを持っていたり、肘を浮かせた状態での作業などが続くと

徐々に肩の上に痛みが出現してきます。

 

 

また、寝違えで傷みやすい筋肉No.1

朝起きたら後ろに振り向けない!という場合は

肩甲挙筋がやられている可能性が非常に高いです。

 

 

肩甲挙筋をエコーでみてみますと、断面図はラグビーボールのような形をしていますね。

首の筋肉達は細かったり薄かったりする形状が多いですが、

肩甲挙筋はその中ではかなり太めの筋肉です。

それだけ首の筋肉の中では高い収縮力を発揮する、ということですね。

  

 

そして国家資格をとって間もない鍼灸師は

肩甲挙筋へ上手に鍼を打つことが

最初の課題と言っても過言ではありません。

 

そして最初の課題なのに鍼を打つのに少しクセがいるという

初心者泣かせの肩甲挙筋。

 

そんな困ったちゃんのケアはbright鍼灸院にお任せ下さい!

 

 

スタッフ 小林

 

******************

bright鍼灸院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日
越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

******************

こんにちは!

スタッフの小林です。

 

本日は頭板状筋について解説させていただきます。

 

この頭板状筋は

吉村先生の好きな筋肉No.1小林の好きな筋肉No.3

鍼灸師からとても愛されている筋肉の一つです。

 

 

 

 

鍼灸師から愛されている、ということは

それだけ悪くなる確率の高い筋肉ということです。

 

ではこの頭板状筋は日常どのような時に使われるのでしょうか?

 

デスクワーク、長時間同じ姿勢(肩より耳が前に出ている姿勢)、目を酷使するなどで悪くなり、

首の痛み、耳の後ろの痛み、こめかみの痛み、目のかすみなどが症状として出現します。

 

 

 

右に目一杯振り向いた状態で更に後ろに首を倒してみてください。

このときに右の首から耳の後ろ辺りに痛みがあれば、

頭板状筋が悪くなっている可能性大です。

 

 

頭板状筋は文字通り「板状の筋肉」という意味ですが、

超音波エコーで観察しますと内側(左)より外側(右)の方に

厚みがあることがわかります。

頚部の後屈や同側への回旋を行う上でも

外側が発達していたほうが効率的ですね。

  

 

 

やはり臨床的にも頭板状筋は外側へアプローチをかけていきます。

うまく発痛源に当たると

いつもの症状の再現や、こめかみの方へズーンとした響きが得られます。

 

デスクワークで首コリや頭痛に悩まれている方、

ひょっとしたらその痛みはこの愛され上手な頭板状筋からの

SOS信号なのかもしれませんね。

 

 

スタッフ 小林

 

 

******************

bright鍼灸院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日
越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

******************

こんにちは!スタッフの小林です。

 

本日のブログは

現役エコー鍼灸師が選ぶ「好きな筋肉」ベスト3です!

 

私達は運動器疼痛に携わる者として

常に筋肉を意識した施術を行っております。

 

そのレベルはもはや目を薄めると

相手の筋肉が全て透けて見える域に達しております。

 

そんな筋肉LOVEな私達の「好きな筋肉」ベスト3の公表ですヽ(=´▽`=)ノ

 

また、一つの目線からでは決めきれなかったので

それぞれのバックボーン目線からのベスト3も答えていただきました♪

 

では各々のベスト3を発表します!

 

【吉村先生】
トレーニング目線
1.大胸筋
2.上腕二頭筋
3.内側広筋

自身が患者のとき目線
1.頭板状筋
2.肩甲挙筋
3.背部起立筋

コメント
案外あるものだね(笑)
自分が患者の時に頭板状筋が一番効いたから思い入れがあるね。

 

 

 

【小林先生】
ランナー目線
1.半腱様筋
2.大殿筋
3.アキレス腱

エコー鍼灸師目線
1.前斜角筋
2.頭半棘筋外側縁
3.頭板状筋外側縁

コメント
半腱様筋、大殿筋は短距離ランナーの象徴です。
4番目があればあえて僧帽筋を入れたかった(´・ω・`)

 

 

 

【大城先生】
野球目線
1.円回内筋
2.肩甲下筋
3.腕撓骨筋

治療家目線
1.多裂筋
2.大殿筋
3.肩甲挙筋

コメント
円回内筋は久々に野球をすると必ず張りを感じる筋肉です(^^)
鍼を打ちたくなります(笑)

 

 

 

上記のような結果となりました!

それぞれのバックボーンがいい味を出したランキングになりましたね!(笑)

 

運動器疼痛でお困りでしたら

筋肉LOVEの私達にお任せ下さい!

 

スタッフ 小林

 

******************

bright鍼灸院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日
越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

******************

 

 
2020年5月13日に新越谷駅前から下記に移転いたしました。
屋号:ブライト鍼灸院(変更なし)
住所: 〒3430825 埼玉県越谷市大成町1‐2185‐8
電話番号:048-984-7525(変更なし)
スタッフ:吉村、大城(変更なし)
HP:  https://www.bright2018.jp/(変更なし)
 
アクセス方法
車:駐車場4台完備(一番おすすめです)
バス:新越谷駅、越谷駅、吉川駅より約20分、大相模保育所バス停から徒歩1分
電車:最寄り駅 越谷駅または越谷レイクタウン駅(徒歩30分以上)
自転車、バイク:止めるところあり
google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525