寒暖差アレルギーってどんなもの? - BLOG

 

寒暖差アレルギーとは

 

 

暖かさと寒さが繰り返されるこの時期、「風邪のような症状が出るけれど、薬を飲んでも治らない」
「室内と屋外など気温差がある場所で、くしゃみや鼻水など花粉症みたいな症状が出る」
そんなお悩みを聞くことがあります。

 

これは寒暖差アレルギーとよばれているもので、自律神経の乱れが原因で起こります。

目につく症状からアレルギーという名がついていますが、
寒暖差はアレルゲンではないので正式な病名ではありません。

 

大きな気温の変化によって自律神経の働きが乱れて、
鼻や喉の粘膜にある毛細血管が刺激を受けることによって起こります。
くしゃみや鼻水が止まらなくなってしまうことが、主な症状です。

 

 

症状をおさえるには何をしたらいいの?

 

 

寒暖差アレルギーの症状をおさえるためには、以下が効果的です。

 

①マスクをする
②羽織ものやマフラーなどで、気温差の刺激を受けにくい格好をする
③自律神経の働きを整えるため、入浴を欠かさない

 

①マスクをする

→喉や鼻の粘膜が寒気にさらされると刺激を感じるため、マスクをすることで症状が起きにくくなります。
湿度が保たれることも、粘膜が保護される結果に繋がります。

 

②羽織ものやマフラーを巻く

室内と屋内の大きな気温差が原因となるため、寒さを感じたらすぐに調整できる保温グッズを持ち歩くのがオススメです。

 

③入浴を欠かさない

対処療法として入浴を欠かさずに体を温めることで、副交感神経の働きが整います。
疲れている時などは自律神経のバランスが崩れやすいので、とくにゆっくりと入浴するようにしてみてください。

 

 

自律神経の乱れを整えるのは、鍼灸の得意分野です。
お困りの症状がありましたら、気軽にご相談くださいね。

 

TEL:048-984-7525
住所:越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

南越谷駅から徒歩1分30秒!!
bright鍼灸院
(広報チームK)

 

 

 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分30秒

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525