臨床症例:腰 & GWのお知らせ - BLOG

 

 

こんにちは!

スタッフ大城です。(^^)

 

本日は腰の臨床症例とGWについてお知らせいたします。

 

 

先日、あるサッカー少年が

[腰の痛みが続いている]ということでやってきました。

 

※個人情報の同意を得て掲載しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

約3年前に腰椎分離症を発症し、ここ数年は比較的症状は落ち着いていました。

 

1週間前に症状が悪化し始め、3日前には痛みがピークに。

それでもサッカーの試合は出続けていたものの、

来院した前日は30分ほどで自ら交代を申し出たそう。

 

自宅ではアイシングと家庭用電気治療器でケア。

 

「鍼をすると楽になるので」となかなか引かない痛みを抱えて約1年ぶりに当院へ。

 

 

 

まず腰部の動きを確認してみると、

 

前屈(-)後屈(++)側屈(横に倒す)(-)回旋(ひねる)(+)

歩行、走る、立位、同姿勢で痛みを感じるそうです。

 

その後うつ伏せになってもらい、腰部をみてみると全体的に腫れています。

熱っぽい感じはありません。

 

エコー観察を行い、圧痛がある場所、

その上下左右で確認してみると炎症反応が確認されました。

 

位置としては、仙骨多裂筋と腸骨の間、

また腰部多裂筋と最長筋の間が特に反応が強いようでした。

 

直近で大切な試合がないことを確認し、

鍼治療ではなく、まずは炎症を取ることが先決だと判断。

 

近隣の整形外科へご高診願いを書き、

早めの受診を呼びかけてその日は終了となりました。

 

 

【今、必要な処置は何なのか?】

 

を考えた際に力を発揮してくれるのがエコーです。

エコーはリアルタイムに骨・筋肉などの状態を観察できます。

 

炎症反応が落ち着き、鍼治療が適応となった段階でスムーズに治療へ進むことが出来ます。

 

現在の状態と今後について説明を行い、「早速病院へ行ってみます。」と

納得された表情で患者さんは帰宅されました。

 

当院ではスクリーニングといって

治療前に必ず検査を行い、異常所見がないかどうか、

また鍼が適応かどうかを判断させて頂いております。

 

同じような症状でお悩みの方、

気になる症状があるが、なかなか一歩が踏み出せない方、

まずはお気軽に当院までご相談ください(^^)♪

 

 

明日からは連休となり、

bright鍼灸院も5/3~5/5までお休みとさせていただきます。

5/6(日)は大城のみ出勤となっています。

 

ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

 

 

素敵なゴールデンウィークをお過ごしください(^^)♪

 

スタッフ大城

 

******************

bright鍼灸院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日
越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

******************

 

 

 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525