短距離走でのスポーツ障害② 腰椎分離症 - BLOG

こんにちは、スタッフの小林です!

今回の短距離走でのスポーツ障害は腰椎分離症についてです。

 

腰椎分離症は疲労骨折の一種で、腰の回旋や後屈を多様するスポーツで好発します。

小・中学生など骨の骨化が未熟な選手に多く発症し、

分離していても必ずしも痛みを伴うわけではなく、無症状のまま一生を過ごす人もいます。

 

 

上半身をひねる動作において、腰と股関節が使われます。

しかし、大殿筋やハムストリングスが硬いことによって

股関節の動きが制限されてしまうと、腰でその動きを代償しなくてはならなくなります。

 

そうして腰に過度の負荷がかかり続けることで

腰椎が分離してしまうとみられています。

 

bright鍼灸院の治療方針といたしまして

超音波エコーにて炎症反応が観察できた場合は

提携している病院、またはクリニックに御高診願いを書かせていただいており、

その御高診願いを持って病院へ行って頂ければ提携先での診療がスムーズに進むと思います。

 

炎症が収まった状態が鍼の適応となります。

 

治療としては腰自体の柔軟性はもちろん、

殿部、裏腿の柔軟性を確保することが非常に重要です。

 

腰椎に付着する最深部の筋肉である多裂筋、大腰筋や

腹圧に関わる腰方形筋、

身体の回旋と股関節の伸展に関わる大殿筋、ハムストリングスにアプローチします。

 

腰椎分離症は予防がとても大事な疾患になります。

未来の日常生活にも影響が出る前に

「あれ?ちょっとおかしいな」と感じたら

セルフケアと平行して予防治療にも力を入れてみてください!

 

次回の短距離走でのスポーツ障害③はシンスプリントをご紹介いたします。

 

 

スタッフ 小林

 

******************

bright鍼灸院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日
越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

******************

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分30秒

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525