臨床症例:手関節痛 - BLOG

今回の症例は手をついた際に手首の小指側を痛めてしまった症例です。

 

年齢:20代

性別:男性

職業:学生

主訴:左手関節痛

症状:尺屈(++)掌屈(+)背屈(±)撓屈(±)ドアノブを回す(+)
浮腫・発赤(-)回内・回外(+)力が入らない。

その他:3週間前に転倒した際に左手をついた際に痛めた
レントゲンは撮っていない

治療方法:トリガーポイント鍼療法

治療部位:尺側手根屈筋

治療計画:おそらく2~3回の治療で完治するので、初回の治療後1週間以内に
もう一度診させてくださいと説明しました。

 

1回:あお向けにて刺鍼。1回10分置鍼。響きあり。1番・02番鍼使用。
2回:ペインスケール10→1。尺屈で違和感。前回同様尺側手根屈筋中心に刺鍼。
治療後良好。卒業。

 

治療結果
治療回数2回、一週間での卒業となりました。
TFCC損傷を心配されての来院でしたが、原因はMPSにあると判断し治療しました。
手首の痛みに悩まれている方がいらっしゃいましたら、ご参考にして頂ければと思います。

 

******************

よしむら鍼灸治療院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日、祝日
越谷市南越谷4-11-16サンパサニア202

******************

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525