臨床症例:TFCC損傷 - BLOG

今回の臨床症例はTFCC損傷と診断された患者様です。

TFCC損傷の正確な名称は三角線維軟骨複合体損傷と言い、
ラケットスポーツや、転倒時に手をつくなどの衝撃で損傷しやすいとされています。

 

年齢:50代

性別:女性

職業:デスクワーク

主訴:3ヶ月前からの右手首痛

症状:テニスフォアハンド(+)バックハンド(-)腫れ(+)尺側(+)撓側(±)
回外(+)回内(-)掌屈(-)背屈(-)ひっかかり(+)圧痛(±)拘縮(±)

その他:MRI、レントゲン検査にてTFCC損傷と診断される 造影剤検査はしていない

治療方法:トリガーポイント鍼療法

治療部位:小指伸筋 尺側手根伸筋

治療計画:週に2回のペースで来院していただき、
まずは5回治療を受けて頂いて変化があれば継続して治療していきましょうと説明

 

1回:あお向けにて刺鍼。ミオラブ、エコー使用。響き少々あり。
2回:少し改善あり。リバウンド2日。
3回:ペインスケール10→5。仕事する前は3。改善あり。
4回:ペインスケール10→3。鋭く弱い痛み(+)前腕尺側(+)
5回:同上。痛みの質が鋭くなった。
6回:お風呂の桶を持つ時Pain。前腕屈筋に刺鍼。
7回:良好。テニスしても痛まなかった。

 

治療結果
7回までで1ヶ月です。
現在はメンテナンスとして2週間に1度のペースで来院されています。
TFCC損傷と診断をうけても、筋膜や靭帯の治療により改善するケースもあります。
もしお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非ご相談ください。

 

******************

よしむら鍼灸治療院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日、祝日
越谷市南越谷4-11-16サンパサニア202

******************

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525