臨床症例:膝痛 - BLOG

今回の臨床症例は膝痛です。

膝は日常的に使われ続ける部位なので、一般的には治りが遅いとされています。
この患者様は発症後半年経過し、慢性痛となってしまったタイプです。

 

年齢:50代

性別:女性

職業:デスクワーク

主訴:半年前からの左膝内側の痛み

症状:歩行(+)階段昇降(+)加重(+)一歩目(+)座位(-)入浴楽(-)

その他:レントゲン検査異常なし

治療方法:トリガーポイント鍼療法

治療部位:大腿四頭筋 内側側副靭帯 鵞足

治療計画:痛みのレベルも強めなので、
ペインスケールが3以下になるまで週に2回来院してくださいと説明。

 

1回:仰向けにて刺鍼。1回10分置鍼。ミオラブ。
2回:ペインスケール10→10。大腿外側が張る感じがある。膝蓋骨の下が気になる。
3回:ペインスケール10→8。止まらずに歩けた。歩行時(+)膝蓋骨下Pain(+)
4回:ペインスケール10→8。歩き方が正常になってきた。
5回:ペインスケール10→6。歩くスピードが上がった。足を引きずらなくなった。
6回:ペインスケール10→4。歩けるようになった。階段昇降OK。
7回:ペインスケール10→3。膝が伸びきらない。
8回:良好。立位でズボンが履ける。

 

治療結果
8回まで5週間です。
歩行における変化も少しずつ体感していただけたようで、
6回目には日常生活に支障がなくなりました。
現在はメンテナンスも兼ね、間を空けて来院されています。
レントゲンで異常がない膝痛の臨床症例でした。

 

******************

よしむら鍼灸治療院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日、祝日
越谷市南越谷4-11-16サンパサニア202

******************

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525