臨床症例:腰痛 - BLOG

今回の臨床症例は腰から脇腹にかけての痛みです。

 

年齢:30代

性別:女性

職業:演奏家

主訴:腰から脇腹にかけての痛み

症状:二日前より腰が痛くなった。重ダルさは数年前から継続している
前屈(+)側屈(+)後屈(±)回旋(++)まっすぐ起きれない

その他:楽器を演奏するとき、右側に重心がかかる

治療方法:トリガーポイント鍼療法

治療部位:腰方形筋 多裂筋

治療計画:痛めてからの日も浅いので、2~3回来て頂ければすぐに卒業できると説明しました。

 

1回:うつ伏せにて刺鍼。1回15分。響きあり。
2回:ペインスケール10→4。重ダルさのみ残る。夕方になると少し痛む。
3回:ペインスケール10→0。良好。卒業。

 
治療結果
痛めてからすぐ来院していただけたため、一回目の治療で痛みが半分以上取れ、
二回目の治療で完治することができました。
演奏家の方々は特定の筋肉に負担をかけ続けるため、
普通の生活では痛めにくい筋肉が悪くなりやすいです。
経験上、そのような場合は治療をすればすぐに良くなることが多いので、
なるべく早めのご連絡をよろしくお願いいたします。

 

******************

よしむら鍼灸治療院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日、祝日
越谷市南越谷4-11-16サンパサニア202

******************

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525