臨床症例:五十肩 - BLOG

今回の臨床症例は五十肩に関してです。
今回の症例は五十肩発症1年後のケースです。
既に痛みのピークは終わっており、動作痛と機能障害の改善を目指したものです。

 

年齢:70代

性別:男性

職業:会社経営

主訴:左肩関節痛

症状:1年前の雪かきで痛めた。可動域制限(+)伸展(+)結帯(+)水平屈曲(+)水平伸展(+)
夜間痛(±)内外旋(±)鈍痛(+)明け方(+)

その他:レントゲン検査異常なし

治療方法:トリガーポイント鍼療法

治療部位:棘下筋、肩甲下筋、三角筋

治療計画:最初は週に2回来院してもらい、変化によって1週間、2週間空けていき、
卒業してくださいと説明しました。

 

1回:うつ伏せ、仰向けで2回打ち。1回10分、2回5分置鍼。響きあり。超音波エコー使用。
2回:3日間は楽だったが4日目には戻った。
3回:4~5日持った。寝ている時に左肩鈍痛。
4回:良好。腰のほうが気になってきた。
5回:ペインスケール10→2。2週間空けてみたが楽。良好。

 

治療結果
5回時点で5週間です。
動作痛はほぼなくなり、可動域も改善が見られました。
今回、負傷後一年後と慢性疼痛に分類される症状でしたが、
トリガーポイント鍼療法による軟部組織へのアプローチで
5回という少ない回数で改善した症例です。
現在はほぼ気にならないレベルまで回復したので、卒業という形になりました。

 

五十肩でお悩みの患者様、参考にして頂ければと思います。

 

******************

よしむら鍼灸治療院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
休診日:木曜日、祝日
越谷市南越谷4-11-16サンパサニア202

******************

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525