臨床症例:肉離れ - 臨床症例

本日は学生のスポーツにおける肉離れの症例です。

肉離れとは激しい運動が原因で筋肉に損傷をきたすもので、

基本的に安静にすることが治癒における王道となります。

しかし、試合や大会が近いなどの理由でどうしても早く治したい!

そのような場合も鍼療法によって早期回復が期待できます。

年齢:10代

性別:男性

職業:学生

主訴:左ふくらはぎの肉離れ(一ヶ月前)

症状:歩行(-)加重(+)ジャンプ(+)ダッシュ(+)
   走行姿勢の不良(+)つま先立ち(±)入浴後楽(+)

その他:負傷後すぐに整形外科にて肉離れと診断。
    整骨院にて2週間超音波治療を受けるがあまり良くならない。
    来院時はペインスケール10→6~7。

治療方法:トリガーポイント鍼療法

治療部位:腓腹筋 ヒラメ筋

治療計画:炎症が落ち着いていること、温めると楽なことから肉離れ後の筋筋膜性疼痛と判断。
     数回通っていただければすぐ良くなりますよとお伝えしました。

1回:うつ伏せにて下腿三頭筋に刺鍼。

2回:ペインスケール10→3~4。もう少し残る。階段昇降(±)

3回:ペインスケール10→0。サッカーも問題なくできている。終了。

治療期間
完治まで7日でした。
今回の痛みは肉離れ後の筋肉の過緊張によるものと考えられます。
いずれの場合も早期治療が早期回復に繋がりますので、
スポーツ障害で悩まれている方はご参考にして下さい。

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525