臨床症例:TFCC損傷10 - BLOG

今日はTFCC損傷10についての症例です。

 

年齢:30代

性別:男性

職業:デクスワーク

主訴:TFCC損傷(左)

2013年1月より左手首の調子が悪く、大学病院でレントゲン検査してもらうも原因不明。

2013年8月に別の病院にてレントゲン検査、そこでTFCC損傷の診断をされる。

それから1年以上、日常生活は固定具をつけて過ごしてきた。

目標は手首の痛みをとって、趣味のバイクに乗ること!

治療部位:尺側手根伸筋屈筋+腱、TFCC部、前腕伸筋屈筋群

 

1回目 前腕屈筋、伸筋に刺鍼。

2回目 固定具を外して生活できるようになった!PC作業も順調。最初の痛みから半分以下に。

3回目 もう少しで痛みが無くなりそう。

(1~3回までの来院期間は1週間です。)

 

患者さんの痛みはかなり軽減されたので、いったん様子をみるため治療を終了。

ちょっとツーリングには寒い時期ですが、趣味のバイクを楽しんで下さい!

 

病院にてTFCC損傷の診断がありましたが、今回の症例では筋痛症(MPS)による手首の痛みによるものでした。

こういった症例の患者さんが当院では多く見られます。

病院でTFCC損傷の診断を受けて治療をしているがなかなか改善がみられない・・・と悩んでいるなら、

一度当院までご相談下さい!

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525