医療ニュース - BLOG

 
慢性疲労症候群のメカニズム解明…浜松医大など


読売新聞 12月13日(木) 配信


原因不明の激しい疲労や倦怠(けんたい)感が
半年以上続く慢性疲労症候群(CFS)について、
光学機器メーカー「浜松ホトニクス」(浜松市)や
浜松医科大などの研究グループは、
認知機能にかかわる神経伝達物質受容体を攻撃する
「自己抗体」が患者の血中で生成されて脳内に入り込み、
機能を低下させるメカニズムを解明し、
12日の米オンライン科学誌「プロスワン」に論文で発表した。



 研究は、同社の陽電子放射断層撮影(PET)を使い、
理化学研究所分子イメージング科学研究センター(神戸市)、
関西福祉科学大も加わって行った。


 CFSは、感染症や過度のストレスなど複合的な要因から、
免疫系などに異常が生じ、脳神経系が機能障害に陥ると考えられているが、
詳しい発症メカニズムは分かっていない。



 同グループは、CFS患者の約半数で、
神経伝達物質受容体(mAChR)に反応して攻撃する
自己抗体が血中に検出されている例があることに着目。
自己抗体を持つ患者5人と持たない患者6人、
健常者11人の脳をPET検査で比較したところ、
自己抗体を持つ患者の脳では、
mAChRの発現量が10-25%低下していたことを突き止めた。



 人間の脳は、一般に脳血管から脳神経細胞に有害物質が
入り込まない仕組みになっている。同グループは今回の研究で、
CFS患者の血中では、免疫系の異常により自己抗体が作られて脳内に入り込み、
神経伝達機能に直接影響を及ぼすという可能性が示唆されたとしている。
また医学が進歩しました。
私の考えでは、慢性疲労性症候群は、
筋肉の影響も多大にあると考えております。
筋肉の過度の緊張が続くと免疫系に異常をきたすので、
筋肉を緩めて、自律神経、免疫系を整えてあげることも、
この症状を改善するひとつの方法だと思います。
筋肉を緩めるには、トリガーポイント療法が、
是非おススメです。
慢性疲労性症候群でお困りの方達のお役にたてれば幸いです。
では、また♪
★★★★★★★★★★★
よしむら鍼灸治療院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
http://yoshimura2009.com/
★★★★★★★★★★★

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525