トイレ掃除 - 家族

毎朝、必ずトイレ掃除をしています。
掃除は、商売やしつけの基本中の基本ですよね。
その姿を見ている息子が、
「しゅんも掃除する~」と言いました。
ですので、トイレクイックルを渡し、
掃除してもらいました(笑)
P1000565.jpg
パジャマ姿で、トイレ掃除中です♪
P1000567.jpg
ちゃんと蓋も拭いてくれました(笑)
瞬希が掃除してくれたので、
ピカピカになりました(笑)
よく私の掃除をみているので、
ちゃんとどこを掃除すればいいか、
よくわかっていました。
子供は、親をよく見てますね!
朝から瞬希が、トイレ掃除をする姿にちょっと感動しました(笑)
トイレ掃除つながりで、
こんなニュースを発見しました。


トイレ掃除を“する”か“しない”かで世帯年収に90万円の差!?


東京ウォーカー 2月3日(木)19時12分配信


トイレをキレイにしている人と、そうでない人とでは、
「世帯年収に約90万円の差がある」という驚くべき事実が明らかになった。
ライオンは、今回、20~39歳の男女490人に対して
「トイレの清潔さに関する比較調査」を実施。風水などでは、
「トイレをキレイにしていると、金運がアップする」などといわれているが、
実際に調査対象者を“ピカピカトイレ派(245人)”と
“残念トイレ派(245人/トイレをキレイにしていない人のこと)”の2派に分け、
「あなたは金運が良い方だと思うか?」と質問。すると、
“ピカピカトイレ派”は、42%が「思う」と回答したが、一方で、
“残念トイレ派”で「思う」と答えたのは、22%と少数だった。
さらに、年収についても聞いてみると、明らかな違いが発覚!
“ピカピカトイレ派”の平均個人年収は261万円、
“残念トイレ派”の平均個人年収は237万円となり、
24万円の差が出てしまったのだ。そして、「世帯年収」についても聞くと、
“ピカピカトイレ派”の平均は542万円、
“残念トイレ派”の平均は454万円。
なんと、90万円近くの差が出る結果となった。
「トイレをキレイにしているかどうか」で、
なぜここまで調査結果に差が出るのだろうか?
“ピカピカトイレ派”と“残念トイレ派”の、
性格や意識の違いを調べてみると…。
“ピカピカトイレ派”は、「段取り」が良く、
「友人」が多い傾向にあることが明らかに。
社交性が高く、仕事や対人関係で
そういった面が評価されやすいのではないか、
ということが分かった。「トイレをキレイにしていると、
友だちも家に気兼ねなく呼べて、人との関わりも増えて、
人生が楽しくなる」(33歳・主婦)など、
“ピカピカトイレ”イコール“招福”と考える人は、
実際に多数いる模様だ。
ちなみに、トイレをキレイにしている人に
「トイレ掃除で工夫していること」を聞いてみると、
「汚れに気が付いたらすぐに拭き取る」(35歳・未婚女性)、
「トイレットペーパーでこまめに便器・床を拭く」(37歳・未婚男性)など、
“気付いたらすぐ”や“頻繁に”掃除するという意見が多く上がった今回の調査。
立派な年収をGETするためにも、今日からこまめに掃除し
“ピカピカトイレ”を目指してみるのはいかがだろうか。【東京ウォーカー】
なかなかおもしろい記事ですよね。
やってない人は是非トイレ掃除をしてみてください。
やってみるとトイレ掃除は楽しいですから!
では、また♪

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525