「沖縄といえばこれ!」シリーズ④ - BLOG

 

 

みなさん、こんにちは!

金曜日担当の大城です^^

 

 

 

最近は体調を崩される方、

また今週も腰を痛めて来院される方が多かったです。

 

 

気付けば11月も半ばに差し掛かり、

あと半月で12月・・そして年末へとあっという間に進んでいきそうですね( ;∀;)

 

 

皆様も体調に気を付けてお過ごしください♪

 

 

 

さて今回も

「沖縄といえばこれ!」シリーズ④

 

今日は【ぜんざい】編でいきたいと思います!!

 

リクエストしていただいたNさん、ありがとうございます!

 

 

ぜんざいといえば、

皆さんはどういったものをイメージされますか?

 

 

ちなみに私がイメージするのはこのようなぜんざいです。

 

 

 

 

https://tabelog.com/okinawa/A4702/A470202/47002627/

 

食べログ・フクギ屋さんより

 

 

 

かき氷のようなスイーツ?ですね(笑)

 

 

 

 

ぜんざいはこれだと思っていたのですが、先日患者さんに

 

「沖縄の冬はぜんざいは食べますか?」と聞かれたので、

 

「夏によく食べますよ!」と答えたら

 

 

 

「えっ??( ;∀;)」 みたいな反応をされたので(笑)

 

 

 

あれ?なんかこのやり取りどこかで・・

と思っていたら、思い出しました!

そう、沖縄と本土のぜんざいは別物だったということを( ;∀;)

 

 

そこで沖縄のぜんざいと本土のぜんざいはいくつか違いがあることに気付きました!!

 

 

それは、

 

・冷たいのが主流

・氷が上のっていることが多い

・小豆ではなく金時豆

・黒糖を一緒に甘く煮込んでいる

・白玉や大麦を使用

 

 

温かいぜんざいのことを「ホットぜんざい」と呼ぶことも・・笑

 

 

 

沖縄には昔から「あまがし」と呼ばれる

緑豆と大麦を甘く煮て冷やした伝統的なスイーツがありました。

 

 

漢方薬の1つでもあり、解熱・解毒作用があるとされる緑豆と、

サトウキビから作られる黒糖で甘く煮たもので、

まさに沖縄の夏にはうってつけのスイーツだったというわけです。

 

 

 

 

 

 

戦後、徐々に金時豆で作られるようになり、

冷蔵庫の普及とともにかき氷をのせて食べるといった

今の形に変化していったといわれています。

 

 

現在では、お店によってアレンジされているものが多く、見た目も味も様々。

 

 

年中温かい沖縄では

ぜんざいそのものが夏の風物詩であり、

私もぜんざいというと学生時代を思い出します。

 

 

私がおススメするぜんざいといえば、こちら!

 

・千日
https://www.tabirai.net/sightseeing/column/0003915.aspx

 

・富士家 本店
http://www.zenzainofujiya.com/headstore.htm

 

 

 

この2店舗は私の母校の近くにあります。

 

 

ぜんざい好きにはたまらない味と雰囲気を感じることができるはずです!

 

 

 

来年の夏、沖縄へ行かれる際には是非足を運んでみてください♪

 

 

私は温かい冬のぜんざいを楽しみたいと思います!^^

 

それではまた来週です♪

 

 

※年末年始&出勤日変更のお知らせです。

こちらも合わせてご確認ください^^

 

2019-20年末年始お知らせ(出勤日変更)

 

スタッフ大城

**********************
どこに行っても取れない痛みや疲れた時はブライト鍼灸院へ
疼痛&疲労専門 bright鍼灸院
院長 吉村亮次
TEL:048-984-7525
住所:越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101
平日:9:00~22:00受付
土日祝:10:00~17:00受付
休診日:木曜日
完全予約制:電話、WEB
HP:https://www.bright2018.jp/
*********************

 

 

 

 

〒343-0845 埼玉県越谷市南越谷4-12-7 エクセル南越谷101

TEL:048-984-7525

JR武蔵野線 南越谷駅南口から徒歩2分

東武伊勢崎線 新越谷駅西口から徒歩1分30秒

google mapを開く
メールをする
Web予約をする
問診票をダウンロードする
TEL:048-984-7525